2016年05月31日

これあかんやん。別のにして〜な

 「こんにちは〜。 このフレームあかんで、別のに変えて〜な。」

えっ?

なになに?

   なにごと? 


見てみると、
先月ご購入頂いた眼鏡の、ブロー(眉の部分)のカドの塗装がはげかかってます。
お怒りはごもっともです。

こんなん、あせりますよ。 ほんと〜に。

20160531ブローはげ.jpg

メーカーに送るため、レンズはずしてますが、黒い部分の上の方がはげてます。 この下側にレンズが付きます。


同じ商品だとまたはげてくるだろうから、別の商品と交換してほしいとのこと。

このような言葉を頂きたくないからこそ、厳選して仕入れしてるのですが、必然とそこそこの価格になってしまうのですが、だからこそ、このような不良品が出た時のお客様のお気持ちは厳しいんですよね。


この眼鏡作ってるメーカって、フォーナインズと人気を2分する、日本の技術の粋を集めて作ってるボストンクラブというメーカーの、ジャポニズムという眼鏡なんです。 高品質であり高級品です。

ところが、お客様はそんなことご存じない。
聞いたことのない名前だから、ダメな商品と思われてしまってるようで。(悲しい)

新品交換するようメーカーと話すると言うことで折り合って頂きました。



かけやすくて、丈夫な眼鏡を作るところですので、たまたまロットの加減でカラーの乗りにくいところがあったのではないかと思うのですけどね。

で、電話してみると、そのような事例は発生していないから商品を見てみたいとのこと。
カラーによって、塗料のはげやすさってあるのか聞いてみると、工場に確認とって返事しますとの事でした。

このようなことは滅多に無いのですが、もしもの時の対応はきちんとしてくれるので、ありがたいです。

お客様には、ご迷惑おかけしますが少々お待ち頂いてます。
 
posted by SS級認定眼鏡士 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年05月23日

10年一昔は、人にも自然にも言えるのね

 昨日、オフロード車(CRM)のエンジンが、2年ぶりにかかったので、神鍋の蘇武岳に行ってきました。

先月はオンロードバイクだったので、途中で諦めたのですが、今回はオフ車だから、どんどん奥に入っていけます。 ブナ林の中を気持ちよく駆け抜けるイメージです。

20160522蘇武01.jpg


ところが、10年ぶりに入る蘇武岳は、様変わりしていました。
道路が、けっこう荒れてる。

深い轍があって走りにくい。
崩れてるところもチラホラ。


道路も荒れてますが、何より私のバイクの腕が落ちてる。

怖くてパンパンパンパンってな感じで、ゆっくりしか走れない。

昔のように、アクセル開けて、パンパン! パ〜〜ン って駆け抜けれなくなってる。

轍にはまってハンドルとられるし、中腰で走るとカーブで崖に落ちそうで怖いし、シートに座ると安定して走れないし。 カメさんみたいな走りだ。


楽しいはずの10年ぶりに走る林道は、奥に進むにつれて道も悪くなり、だんだんと恐怖に変わってきました。


20160522蘇武02.jpg

上の方に行くと、大きな山吹が簡単に採れるところがあるのですが、今の私の腕では、あがれそうにない。
もう少し、簡単な林道で練習して再度挑戦することにしました。

20160522蘇武03.jpg

これ、栃の木なんでしょうか  大きな木で、空気の良いポイントで好きな場所なのですが、崩れかけていて、根っこのあたりがもう少しで崩れ落ちそうで、ちょっと心配です。

広葉樹の森の中って、空気いいんです。
こういう所に来ると花粉症も治ってしまいます。
お試しください。

20160522蘇武04.jpg

1時間ほど遊んでたのかな〜。
本日は、スーパーウルトラ筋肉痛で、動くのツライです。

筋力落ちすぎです。


バイクの場合、こういう道走る時って、空気が良いから、シールド全開にしますよね。
眼鏡だと虫が目に飛び込んできます。
イタイです。

顔に添うようにカーブの付いたサングラスをご利用いただくと、風の巻き込みや虫から目を守れます。
さらにレンズをTALEXにすると、とっても見やすくなりますので、オススメデス。

私の使用しているサングラスがこちら
      ↓
20140809TALEX1.jpg


筋肉痛はスゴイけど、目の疲れが無いのはTALEXのおかげかもしれませんね。


posted by SS級認定眼鏡士 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | TALEX

2016年05月19日

大阪へ眼鏡の展示会に行ってきました

 昨日、大阪で行われた眼鏡の展示会に行ってきました。

カメラにSDカードが入ってなかったため、写真は撮れてないのですが、東京のIOFTに次ぐ規模の展示会です。 今、東京のIOFTは分裂してしまって、年々規模が小さくなってるので、東京での展示会と大差ないのではないかと思っています。

今回は、サングラスの似合う眼鏡フレームを見て来たくて行ってきました。
弱度の方のサングラスは、どのようなフレームにでもセットできるのですが、強度の方の場合、レンズの厚みが気になり、カーブつきのフレームも選びにくく、なかなか難しいのが現状です。

強度の方や凸レンズでの処方の必要な方へ、格好良くご利用頂けるサングラスの似合う眼鏡フレームを探してきました。

これからの季節、眩しさから解放され、見やすくなるレンズのTALEXが必要な頃です。
車の運転に、アウトドアに大活躍してくれます。

濃い色でも、薄い色でも似合うフレームを見つけましたので、少しずつ入荷してくると思います。
楽しく快適なTALEX生活を楽しんでみませんか。

                  SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年05月11日

ゴールデンウィークはペンキ塗り

 今年のゴールデンウィークは、旅行も行かずペンキ塗りしてました。
休み明け、やっと手が空いたのでブログの更新をしてみようかな。

店の表のシャッターと、勝手口の方の階段の裏側がサビサビになってきたので、5日間ペンキ塗りでした。

ワイヤーブラシで錆び落とし。
これ、大変な作業で、まる一日かかるんですね。
とってもしんどい。

翌日、ある程度さびが落とせたら、赤さびを黒さびに転換する薬剤を塗ります。
黒さびにすることで、錆びの進行が止まるらしいです。
      ↓
http://www.protoolshop.net/yomoyama/zokei/sabi.htm#renova


次の日に、さび止め剤を2回塗り
さび止め剤と上塗りのペンキには相性があるようで、このさび止め剤は、どんなペンキでも塗れるそうです。
      ↓
http://www.protoolshop.net/paint/powerbind.htm#diy

前日に疲れたから飲みに行ってて、塗装やさんがおられて話してると、「さび止め剤は面倒でも2回塗った方がペンキの乗りがよくなるよ。」 と教えてもらったので、しんどいですが2度塗りしてみました。

次の日に、ペンキ塗り。
日当たりがよいので、ウレタン径のペンキを塗りましたが、下塗りでつるつるしてるせいか、とっても塗りやすいです。
スイスイ塗れました。

20160511階段.jpg



階段の上側と側面は塗りやすいのですが、下側を塗るのはとっても大変です。

以前、塗った時に、「こんな大変な事はもうしたくない!」って思ったので、さびの原因を考えてました。
鉄の表面が酸素にふれて、酸化して赤さびがでるようです。
そのままなら錆は止まるのですが、風雨にさらされて赤さびが落ちる。するとまた赤さびが出来る。を繰り返して、最後は朽ちていくようなんです。

階段の裏側が錆びやすいのも、水滴が伝ってぶらくってるような状態が多く、ペンキが痛み、錆びやすいとも聞きました。

ならば、珪藻土を塗るのはどうだろう? って思ってて、今回試してみることに。


珪藻土は呼吸するので、水分は水滴とならずに珪藻土が吸い込み、空気が乾燥すれば発散して乾いてくれます。

また、アルカリ性ですから、酸化しにくいはず。


やってみました。

20160511階段裏側.jpg

珪藻土にも色々あるようですが、うちの壁は珪藻土で仕上げて12年にりますが、とっても快適です。
裏口の雨に濡れるところも、しめったり乾いたり繰り返してます。
なので、たぶん、大丈夫と思う。
    ↓
http://www.ecoqueen.com/

これで、次回からは側面と上だけ塗ればよいのでラクになります。

ダメだった時は・・・・・とっても大変な事になりますけど。

posted by SS級認定眼鏡士 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) |