2017年06月26日

梅干しを漬けた

 昨日、昼からちょいなげ釣りに行っていて、足が痛い。 ほんと良い運動になりますね。

梅を漬けたのでメモ代わりに記録残しておきます。

乾燥が足りなかったのか昨年漬けた梅にカビが生えて全てダメになってしまったので、今年は7kg漬けることにしました。

木から自然落下した完熟梅で、到着したらすぐに漬けるようにとのことで、その日のうちに処理しています。
自然落下した梅はヘタが無いそうで、ヘタを取り除く作業が簡略化できます。

20170626梅01洗い.jpg

到着した梅をその日のうちに流水で軽く洗います。
青梅はあく抜きするのに30分〜1時間つけ置きするようですが、完熟梅の場合あく抜きは必要なく、流水で洗うだけで良いようです。

その後タオルで水気を拭き取ります。

20170626梅02拭き取り.jpg

タオルで拭き取る際、ヘタが残ってないか確認して、残ってたら爪楊枝でヘタを取り除きます。
ヘタが付いた漬けるとカビの原因になるそうです。

20170626梅03ヘタ取り.jpg

 次は塩を用意します。
梅の重さに対して20%の粗塩を使用します。
今回4kgと3kgの2つ使用しますので、800gと600gの粗塩を用意します。
最後に塩を一杯振りかけるので、用意した塩の1/3は残しておきます。

2/3の塩の中から
瓶の底にうっすらと塩を敷きます。
次は25度以上の焼酎に梅をしたして、

20170626梅04焼酎.jpg

用意した塩の上を転がして塩をまぶし、瓶に並べていきます。
20170626梅05塩まぶし.jpg

梅が一列綺麗に並んだら塩をふりかけ、その上にまた塩をまぶした梅を綺麗に並べて、塩をふりかけ・・・を繰り返していきます。
20170626梅06壺に.jpg

梅が全て並べられると、最初に1/3残した塩で梅を多いつくすように振りかけます。
20170626梅07壺の最後.jpg

あとはジップロックを2重にして、水を重り代わりにするとOK

2日ほどで梅酢が上がってくるので、梅が梅酢の中に沈む程あがってくれれば、重りを軽くして、3日連続で天日乾しできる暑い夏までそのまま待っています。

20170626梅09梅酢.jpg

天日干しするのに、雨に当たらないように注意して、3日間干します。
夜露に当てるとよいそうですが、私は夜間は突然の雨に備えて室内に待避し、翌朝また天日干しにします。


今回、大・中と2つの壺を使用しました。
茶色が4kg 白が3kg の梅が入ってる。
20170626梅08壺2つ.jpg


あとは、炎天下の続く日まで待機です。



posted by SS級認定眼鏡士 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食

2017年06月21日

レンズ破損

 左目のレンズが破損した眼鏡の修理を致しました。

20170621レンズ破損.jpg

このレンズ、見やすく丈夫で割れにくいのですが、真っ二つに割れてます。
「どうして割れたの?」って聞いてみると、踏んづけてしまったそうです。

フレームは何ともないようでしたので、良かったです。
左目だけのレンズ交換でお受けしました。

この方、昨年の10月に新調いただいた眼鏡なのですが、1年足らずでのイタイ出費。

そのような方のために、EYESでは1年半額保障サポートをしています。

一年以内に度数変化した方とかレンズにキズの入った方のために、半額で交換させてもらう1年間半額交換サポートです。 

度数の変化しやすい学生さんには喜んで頂いています。


今回もご購入から1年以内ですので、半額交換にて割れた左目だけ交換させて頂きました。

それにしても、この割れ方は危険ですね。
眼鏡のレンズって、割れた時の事を考えると怖いですね。

もしこのとんがりで目を突いたらって思うと、ゾッとします。

このレンズも丈夫なレンズで、「こけた時に眼鏡をかけてたから眼が助かった」って言われるほど、レンズが傷だらけになって目を守ってくれてるケースがよくあります。 今回のレンズもそんな丈夫なレンズなのですが、踏まれた角度が悪かったのかな?

スポーツされる方とか、割れる可能性の高い方には、ショベルカーでたたいても割れないレンズがありますので、そちらのご利用をオススメいたします。


レンズを削ってフレームにセットしようとした時、フレームのヨレがあり、修正してお渡ししています。

20170621フレーム修復.jpg

左側のリムがヨレていて、レンズがうまくセットできませんでした。
修正してます。

それにしても、フレームの損傷が軽微で良かったです。


posted by SS級認定眼鏡士 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年06月19日

今日は足が痛い痛い

 昨日、釣りに行ってきました。
午前中に用事があったため、午後から出たのですが、車に荷物を積んでさあ行こう! とエンジンかけようにもウンともスンとも言わない???

バッテリーが上がってる?

なんで?

もしかして、半ドアになってたのだろうか?


困った。

今日は奥様は子供とおでかけのため、ケーブルでつなぐ車がない。

バイクから取るのは無理やろし・・・・・。

去年・フィアットの弱ってるバッテリーを交換して捨てようと置いていたのがもしかしたら使えるかも?

試してみると見事に成功!


無事に出発できました。


釣り場について餌付けて投げてみても、反応がないんですよね。
小さいのがコツコツしてはいるものの、餌取りばっかりだ。

メゴチが3匹釣れただけ。
釣れない気がしてたので、メゴチは釣れる度に逃がしてました。


久しぶりにお日様に当たって気持ちよかったです。
    のどかな景色を見ながらの釣りもいいもんですね。


投げて・巻いて・座って餌付けて・立って投げて・巻いて・座って餌付けて・立って投げて・を延々と繰り返してますので、遊びながらスクワットしてる。

結果、朝起きてからずっと足が筋肉痛で痛いイタイ。


そうそう。
TALEXのサングラスしてフィッシングしてると、一日中水面見ていても目の疲れって無いんですよ。
これってスゴイ事と思いません?

是非是非お試しください。


posted by SS級認定眼鏡士 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フィッシング

2017年06月17日

オークリー A CROSS LINK もカッコイイ

 先日のPIT BULL に続いて、本日は A CLOSS LINK のミラーが仕上がりました。
私はあまりミラーコートをオススメしてなくて、お客様のご要望でお作りしたモノです。

仕上がってみると、カッコイイじゃありませんか。

20170616オークリー.jpg

これはいい!
TALEXのトゥルービューのシルバーミラーコートですが、とてもカッコイイです。

今まで、「ギラギラのミラーは流行らないよ。」って敬遠してたのですが、これからは見直さないといけないですね。 オークリーって取り扱い出来るようになって本当に良かったです。

早速受け取りに来ていただき、喜んでお帰り頂きました。


ただ、家に帰られた後だと思うのですが、「ちょっとお尋ねしたいのですが・・・、レンズがカタカタ動くのは何故でしょう?」とお電話頂きました。


そうですよね。
  家に帰ってサングラス眺めてるとレンズが動いてる。
       コレ、削りすぎなんじゃないの?

って思われたかもしれないですよね。


これ、レンズの歪みを消すためにわざと削ってます。


レンズが動かずにしっかり止まるようにセットする方がラクでありがたいのですが、これ以上削ったらレンズがはすれるかも。ってところまでリスクをとって仕上げています。

何故かというと、今のレンズはプラスチックレンズがほとんどだからです。

プラスチックレンズは暑いと膨張し、寒いと縮みます。
暑くてレンズが膨張している時にフレームはレンズほど伸びてくれません。 膨張したレンズが耐えきれなくなって変形したり、収縮を繰り返すうちにコートはげを起こしたりすることを避けるために、出来るだけ歪みを消すように仕上げています。

特に、歪みのない見え方はスッキリとしていて気持ちのいいものです。

歪みのないスッキリとした見え方とレンズの寿命を伸ばすために、失敗するかもしれないリスクをとって仕上げています。


TALEXのレンズに限らず、眼鏡のレンズでも同じなんですよ。

世の中の多くの眼鏡屋さんはこんな手間のかかる加工はしないので(出来ない?)、レンズが動く方が変に思われてしまっても不思議ではありませんが、見やすい眼鏡を作るには必要な技術なんですよね。


ただ最近、渡す時にこの説明してなかったな〜って反省しています。
お客さんはレンズがカタカタいってたら不良品じゃね? って思いますもんね。

不良品ではなくてわざとしてますので、レンズがはずれることはないので、安心してご利用頂けますよ。


                SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | TALEX

2017年06月16日

オークリー PIT BULL はカッコイイ

 このところTALEXのサングラスの受注が増えてきました。 ありがとうございます。

EYESでは、多くのサングラスを取りそろえておりますが、全てTALEXのレンズに入れ替えて販売しています。

なぜそんな事をするのか? と思われるかと思いますが、TALEXのサングラスをご利用になれば分かっていただけることなのですが、私がTALEXの見え方に惚れているからなんです。

こんな見え方するサングラス他にないから、皆さんにも知って欲しい! って思いながら商いしています。

明るく自然な見え方なのに全く眩しさを感じないんです。
光って見にくい場面でも普通に見えてきます。
ぴかぴか光って見にくい路面も見えるようになるので、ドライブ用に使用すると安全です。
長距離運転しても目が疲れません。
トンネルも怖くない。

などなど、このサングラスなに? って思うほど衝撃的な見え方をしてくれます。


EYES では、このTALEXの見え方を楽しんで頂きたいためにサングラスを取りそろえており、毎年流行のファッションとして使用するサングラスではなく、見ることを楽しむサングラスのご提案をしています。


本日仕上がったオークリーの PIT BULL ですが、明るく自然な見え方のTALEXトゥルービューにシルバーミラーをかけたレンズをセットしました。

20170615オークリー.jpg


オークリーらしい8カーブのフレームで、超カッコイイです。

8カーブのサングラスは、「距離感がつかみにくい。」とおっしゃられる方もありますが、このデザインは捨てがたいですね。  見やすさを選択してこのデザインをあきらめるか?  カッコイイからこのデザインをとるか?

う〜ん
  なやましいところですね〜。

posted by SS級認定眼鏡士 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | TALEX