2018年06月21日

ジャポニズムの仕入れ会に京都に行ってました


 昨日はお休みしてジャポニズムの仕入れ会に京都へ行ってました。
この地震のある時に行くのも怖いけどな。って思いながら行ったのですが、とても良い雰囲気の展示会でした。

20180621JAPONISM01.jpg

昔の酒蔵をギャラリーにされていて、そこを借りての展示会です。

20180621JAPONISM02.jpg

とても良い雰囲気で商品が並べられています。
魅力的な商品が、さらに魅力に映ります。

20180621JAPONISM03.jpg

帰り際に「揺れなかった?」って聞くと、
「何度か揺れてます。」ですって。

さぞかし怖いでしょうね。

地震の中展示会してくれるメーカーにも感謝です。

展示されている、かけやすくて綺麗な眼鏡の中から、EYES(アイズ)のお客様に似合いそうなモノをセレクトして購入してきました。
できあがり次第入荷してくると思います。
綺麗でおしゃれな眼鏡をオススメ出来る日が楽しみです。


            SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年06月19日

内傾した眼鏡のレンズ交換


 「このフレームにレンズ入れてもらえますか?」
といって差し出される方、たまにあります。

20180619セル枠01.jpg

「好きですね〜 このようなフレームこのあたりでは売ってないですもんね。」 というと安心されたのかニコッとされます。

このフレームは金子眼鏡のフレームですが、特徴的なフレームで、好きな人は大好きなようです。 アイズでもたまに持ってこられる方もあり、レンズだけの交換でもきっちりと検眼してその人に合うレンズをセットしています。

ただ、最近の流行を追ってるのかカーブの付いたフレームが多くなってきてます。
20180619セル枠02.jpg

上から見ると内側に内傾してるのがわかると思います。
こういうフレームの特性を分かって仕入れしているお店はそれなりの対処して作ってくれるので良いのですが、分からずに在庫しているお店も沢山あるようです。 その場合、眼鏡としてできあがった時に異常な違和感を感じて、せっかく作ったのに使えない眼鏡になってしまいます。

この方も以前作った眼鏡でそのような経験があるとおっしゃってました。

このような内傾している眼鏡をかけたい場合、
「この眼鏡作られる時、普通の眼鏡と違う所ってあるんですか?」って
質問されてみてもいいかもしれません。

「問題ないですよ。」的な返答が帰ってくると購入せずに帰るか、フレームが気に入られたらフレームだけ購入して帰られることをオススメします。

持ち帰られたフレームをEYES(アイズ)にお持ちいただき、レンズ交換していただきますと、見やすく・疲れず・快適に日常を楽しんで頂けます。



                SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi/

https://www.eyesglass.jp/





posted by SS級認定眼鏡士 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年06月07日

オークリーの眼鏡は視界が広い

 小学生でスポーツ用に眼鏡をお作り頂きました。
といってもこの方、軽い近視で眼鏡をかけるの初めてですが、スポーツ用の眼鏡が欲しいとのこと。

たいていのスポーツ用の眼鏡はこのようにカーブが付いています。
20180601OAKLEY5.jpg

こんな感じにカーブが付くと、レンズの収差が大きくでて違和感が出るので、カーブ付きのフレーム用に様々なノウハウを詰め込んで見やすくなるよう工夫してお作りします。

この方の眼鏡も少しカーブが付くので、この眼鏡で全てをまかなうのはどうなんだか悩んだのですが、軽度の近視でもありお作りすることにしました。

20180607oakley.jpg

出来るだけカーブの弱いフレームをお選び頂きましたが、できあがってみるととっても見やすいです。
視界も広いです。
これ、普通の眼鏡として充分通用しますね。
オークリーのスポーツ眼鏡フレームでお作りさせて頂きましたが、これなら常用眼鏡としてもご利用頂けそうです。

この種類のフレーム、今まで度入りサングラスとして作ってるのですが、眼鏡としても数本お作りしてたのですが、今更ながらに良さに気がつきました。 素晴らしです。

視界の広い眼鏡としてお楽しみ頂けます。
        これからはもっとオススメしよう。


*注) 視界が広く見やすいのは、度入りのハイカーブのサングラスを作るノウハウがしっかりとあるからこそ出来ることなんですよ。 普通に作るととても見にくくて苦痛を感じることになりますので、ハイカーブ・スポーツ眼鏡は度入りハイカーブサングラスを作り慣れてるEYES(アイズ)をお選びくださいね。


https://www.eyesglass.jp



                   SS級認定眼鏡士 T. Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年05月16日

眼鏡の仕入れ会に行ってきました

 昨日、眼鏡の新製品仕入れ会に行ってきました。
大阪のウエスティンホテルで OAKLEY と Ray-Ban を見てきました。
カッコイイ大人のサングラスを注文いれてきました。

なんか、Ray-Ban の眼鏡ですが、良いデザインのモノが出来てきてます。 かけ心地も良いですし。 昔のイメージとは様変わりしそうです。 最近、福井のメーカーを買収しましたけどその影響が出てきてるのかな。 これからが楽しみです。


もう一つ別会場で多数のメーカーが集う新製品発表会があるのですが、4時からなので大丸によって利尻のダシ昆布を3袋購入し、ぶらぶらしながら会場へ向かいます。 昆布だからカバンはふくらみますが軽いのでラクラクです。


天満で開催されてるこちらの会場は眼鏡が主体ですが、注文出したのはサングラスばかりだった。


今年の夏は、TALEXをセットするサングラスがいっぱい揃いそうです。
楽しみにしていてください。



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年04月11日

やってしもーた〜。

 眼鏡のレンズって、レンズの入るところがまっすぐな形状に合わせて設計してあるので、

20180411ナイケイナシ.jpg



下のように内傾しているフレームを使用する時には、それ用のレンズを使用する必要があります。

20180411.jpg

最近、この内傾しているフレームが多くて、レンズ選びが複雑になってきています。

今回、とってもラクに見えるレンズをお選び頂いて眼鏡をご注文頂いたのですが、フレームがわずかに内傾しているのに気がついたのがお客様の帰られた後でした。

どうしよう? カーブ用のレンズに変更する事を連絡しようか? でも、せっかく最高の見え心地を選択して頂いたので、何とか出来るレンズ無いかな? って調べていて、少し高価になるけど差額は当店で負担してこれを入れよう! これなら最高の見栄心地のレンズだし、この程度の緩いカーブなら何とかなるでしょ。って思ったのが間違いだった。


本日眼鏡を取りに来られて、眼鏡をかけて見るなり、様子が変。

「なんか、これ、慣れますかね? 今までと度が違いすぎるからかな?」

「どんな感じですか?」

「なんか、周りがピントが合いにくいというか・・・。」


試しに眼鏡をかけてもらい、フレームを手で曲げて真っ直ぐにして見ると、「おお! 見やすい!」とおっしゃってくれます。 フレームにカーブが付いている影響が出ていました。

やってもた〜。


最高の見え心地とカーブフレームの見え方の両方を何とかしようと欲張ったのが裏目に出てしまいました。
やはり、カーブ付きフレームにはカーブ用のレンズを利用しないとダメですね。 応用は利かないようです。


ハイカーブのサングラス、TALEXのレンズで沢山作っていても、見え方のクレームは皆無ですのでちょっと慢心していたようです。


最高の見え心地を求めてフレームを真っ直ぐなモノに交換して頂くか、最高の見え心地はなくなりますが、レンズをカーブ用のレンズに交換する事で見やすくなりますが、どちらかを選択頂くことにしました。


もちろんお客様の金銭的な負担は無しです。

フレームを気に入ってられましたので、最高の見え心地をあきらめて、カーブ用のレンズで見やすくなるようお受け致しました。

新しいレンズ代は全額当店の負担です。 当然ですよね。 イテテ


またまたお待たせすることになり、申し訳ないのですが、もう暫くお待ちください。
申し訳ありません。


*不具合はない方が良いのですが、目って生き物ですので体調により見え方が変化する事もありますし、その人の敏感さにもよりますし、不具合を感じられる方も中には出てしまいます。

今回は私のミスでしたが、当方にミスが無くてもお客様の検査する時の体調とかででる不具合もあります。 そんな時にもとことん原因を探って良心的に対応しますので、安心してお越し頂けますよ。



                      日本眼鏡技術専門学校卒
                      & SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.





posted by SS級認定眼鏡士 at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年04月06日

あなたの目、見えてるつもりになってませんか?



 「ちょっと時間あいたんでメガネ作って欲しいんですけど〜。」

と言ってご来店いただきました。

測定してみると中程度の近視とそこそこ強めの乱視がありますが、他には気になるところは見あたりませんでした。 この度数にしたら裸眼視力が少し悪いくらいかな。

度数を測り終わって、どんなレンズを薦めてあげようかと考えながら、現在ご利用のメガネの度を測ってみてビックリ!  思わず「ようこんなメガネで運転しとったな。」って、口からポロリと飛び出してしまいました。


度が弱くてこれでは見にくくてとても危険ですから、ついつい・・・・。 スミマセン言葉悪くて。

「夜の運転、つらいでしょう?」って聞いてみると、とってもつらかったようです。

夜間の運転に見やすくなるモアイレンズを薦めてみたのですが、色が付いてるのは仕事上具合悪いとのことで、透明なレンズを説明交えながらお選びいただきました。

ついでに測定したメガネで外を見ていただき、「よく見えるでしょう?」と聞いてみても、ピンと来ない様子でしたので、現在ご利用のメガネをお持ちして掛け替えていただくと、「スゲーよー見える。」って驚かれてました。 

「これだけ変わってると、夜の運転が怖いはずだわな〜。」って。


「夜だけでなく昼間の運転も危険ですよ。」とお伝えしたところご納得の様子。


この方、若い方なのですが、それでもこんな反応なんです。

目って、急に悪くなるとすぐに気がつくのですが、度数の進行は徐々に進行していきますので、本人さんは見えてるつもりでいるんですね。 けっこう気づかないモノです。

あなたはどうでしょう?

その眼鏡、見えてるつもりでも、実はよく見えてなかったりして。


車の運転される方は免許証の有無にかかわらず、よく見えないのは危険だからと思っていただき、一年に一度、視力測定されるといいですよ。
今のメガネでどれだけ見えるかを診るだけですので、1分もあれば測れます。

お手隙の時にでも、「今の視力測ってみて。」とお越しください。

車って便利ですけど、危険なものでもありますから、よく見えるメガネは安全運転に貢献してくれます。
見やすい眼鏡で、疲れず安全に運転を楽しみましょう。


そうそう、この方、「いっぱい教えてもらって良かった〜。」って喜んでくれてました。

なんで? って聞くと、「今までレンズにしてもこんな説明してもらったことないよ。」だそうです。


その人に最適な眼鏡を作ろうとすると、レンズの説明は欠かせません。
私からすると当然のことなのですけど、お店によったら、簡単な説明しかしない所もあるんでしょうね。


「少しでも安い眼鏡が欲しい!」 とおっしゃられる方のお力にはなれないかもしれませんが、「少しでも見やすく使いやすい眼鏡が欲しい!」 とおっしゃられる方のお力にはなれると思います。 持てる力をフルに発揮して尽力致します。


親切・丁寧・技術一番のEYES(アイズ)へお越しください。



              日本眼鏡技術専門学校卒
              SS級認定眼鏡士   T. Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年03月01日

見ることをモットもっと楽しんで頂くために

 この時期、申告で忙しく、やっと一息付けるようになりました。
明日は発達障害児の見え方についての講演があり、名古屋まで見に行ってきますので、本日夕方から明日と臨時休業いたします。

発達障害の方々の見え方も、色々なパターンがあるのでしょうが、我々とは全く違う見え方をしている場合もあり、脳の思考回路も全くの別物のように思えることもあります。 重度の知的障害と自閉症の娘を見ていると、人としてつきあうより、なんか、宇宙人としてつきあう方がスムーズにコミュニケーションとれるのかな? って思えることもあり、とりあえず私の専門の見え方のことですので勉強しに行ってきます。

先日お渡ししました、強度のプリズム処方した方の眼鏡です。

20180301FLEA.jpg

「モノが二重に見えて困る」とのことでプリズム処方して機嫌良くご利用頂いてましたが、昨年白内障の手術をされ、良く見えるようになったのですが2重に見えるのは変わらず、今回レンズ交換させて頂くことになりました。

以前より度数は弱くて良いのですが、プリズムが強くなっていて、眼鏡にセットしてみると想定外にレンズが分厚くなってしまった。 さすがに13プリズム(片目で6.5プリズム)になると厳しいですね。

20180301FLEAatumi.jpg

「眼鏡出来たのですけど、思った以上にレンズが分厚くなってしまって・・・・。 仕方ないと言えば仕方ないのですけど、あらかじめ予想できなくてスミマセン。」 ってお電話すると、

「いいですよ。よく見えれば。」

っていうありがたいお返事を頂いてました。


仕上がった眼鏡を受け取りにご来店頂き、眼鏡をかけてもらうと、「一つに見える〜。」「ダブらんとちゃんと見える〜。」って言われて、とっても喜んで頂けました。

以前に別の眼鏡屋さんに行かれた時に、「こんな眼鏡よう作らないです。」って言われたっておっしゃってました。 「やっぱり技術だな〜。」って。


嬉しいお言葉です。

特に、普段見ることに苦しんでられる方のお役に立てるのは、とってもありがたいことです。

アイズでは、見ることをモットもっと楽しんで頂けますよう、日々精進しています。

・外に出ると眩しさで目が開かない。
・眼鏡作ったけど、なんか見にくい。
・夜になると2重に見えて運転が怖い。
・夜の運転が苦手。
・片目だとちゃんと見えるのに、両目で見ると2重にダブって見える。
・うちの子、見えてるのかどうなのだか不安。 なんか見にくそうにしてる気がする。

上記のような事でお悩みの事がございましたら、親切・丁寧・技術一番のEYES(アイズ)へお越しください。
きっとお力になれるはずです。


https://www.eyesglass.jp



SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.









posted by SS級認定眼鏡士 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2018年01月08日

初期のスマホ老眼は治せるよ

 お正月明けに眼鏡を作りにご来店頂いたKさん。
度数を測ってみると、近視よりに変化している。
眼も内側に寄り気味になる内斜位も見受けられ、「もしかして、スマホ長時間使用する?」って聞いてみると、どうしても見てしまうとのことです。

光を曲げて見やすくするプリズム処方をこのまま施しても良いのですが、ちょっと注意してもらうだけで内斜位は治るかもしれないし、どうしようか相談すると、「4日後にもう一度来てみる。」との事で本日お越し頂きました。

その間、スマホをいじるのを少なくしてパソコンでみたり、お教えした眼の筋肉のゆるめ方の体操をしてみたりと気をつけてられたそうです。

本日測定してみると、やはり治ってますね。

近視よりに傾いた度はそのままえすが、内斜位が消えています。 

スマホの見過ぎで眼が内寄せしすぎて固まってしまった筋肉がほぐれ、眼が動くようになってきてます。
良かったです。

見やすくなるからと、簡単にプリズム処方してしまう事の弊害も考えないといけないですね。
スマホ老眼はプリズム処方で見やすくすることはできますが、これは、治ったわけではなく、眼の動きは固まったままです。 初期のうちなら眼の体操で簡単に治すことができますので、簡単にプリズム処方しないほうが良いのかもしれません。


ちなみに、4日前にお選び頂いてたフレームが
20180108JAPONISM.jpg

JAPONISM のプロジェクションです。
よくあるプラスチックフレームのアセテートの材質と違い、新素材で作ってあり、熱で変形することがありません。 アセテートのフレームは豊岡で使用すると、暑い夏場に変形することが多々あります。 これにはかなり泣かされました。
アセテート製の眼鏡にはかなり痛いめにあったため、EYESでは、プラスチックフレームは新素材かナイロン系のフレームで取り揃えています。 とても丈夫でかけやすいです。 淡いグリーンが気品漂いますよね。

しかし今回、フレームのカーブを気にしなくてもいい度に変化したため、別のフレームをお選び頂きました。
20180108カーブつき.jpg

ゆるくカーブが付いてますが、これ、作ってはダメな度数があります。
また、作るにはちょっとしたコツというか、ポイントを押さえてないと、とっても疲れて見にくいサングラスになってしまいます。

見やすく・疲れない度入りサングラスをお届けするため、TALEXと共に成長してきたEYESならではのノウハウを詰め込んで、「見やすく・疲れず・快適なカーブ付きサングラス」をお届けします。


お求め頂いたサングラスは、OAKLEY の クロスリンクです。
20180108OAKLEY.jpg

このフレームにトゥルービューが入ります。
カッコイイサングラスに仕上がる予定です。

                SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.


posted by SS級認定眼鏡士 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年10月13日

弱度の近視の方の遠近両用メガネは、作らないほうがよい?

 本日眼鏡がほしいとご来店頂き、度数を測ってみると、乱視とごくごく軽い近視でした。

普段は眼鏡かけてなくて、車の運転とか外出時に眼鏡がほしくて、パソコンの疲れない眼鏡とスマホもぼやけるとおっしゃってました。

45歳くらいから、そろそろ手元が見にくくなるものです。
この方も、そろそろ来てました。
メガネかけて手元が見にくくなってました。

でも幸い、乱視があるため、眼鏡をはずせば手元は見えます。


どのような眼鏡を作ろうかと、頭クルクル回しましたが、どう考えても、この方の度数で全てを一つの眼鏡で見えるようにするには、無理があります。

パソコンを見る時は、眼鏡なしか度なしのOAグラスで見てもらい、車の運転とスマホを遠近両用メガネで使い分けてもらうのが一番のように思います。

ところが、弱度の近視の方の遠近両用メガネは、とっても使いずらいのです。

遠くを見る上の部分に凹レンズ
手元を見る下の部分に凸レンズ
  と2つの異なるレンズが上下に入ることになります。

すると、動いた時に困ったことがおこるのです。

レンズを透して見えてる物が、右を向くと、凹レンズ部分は右に動き、凸レンズ部分は左に動くため、眼鏡の上側は右に、下側は左に動き、気分悪くなります。
なんか、揺れてるようなすごい違和感を感じるんです。


これ、個人差があり平気な人もおられます。

ですが、本日の方は、無理でした。


遠近両用メガネは使えないです。

遠くは遠くだけの眼鏡で、手元は眼鏡をはずして見て頂くことになりました。

ほとんど車に乗られる時と、外出時でのご利用になりますので、TALEXの薄い色のピースグレーでおつくりさせて頂きます。

ピースグレーは、薄い色のサングラスで、地下街とか・スーパーとかの照明のきついところとかでご利用頂きますと、とっても目が楽です。 目が疲れません。 

車の運転に利用されますと、見やすく・疲れず・安全に運転できます。

眼鏡をかけたり外したりする不便さは残りますが、見やすさと疲れなさでは喜んで頂けると思います。


今回、久しぶりに遠近両用メガネを使わないほうが良いと思える人に出会えましたので、お伝えさせて頂きました。

弱度の近視の方の遠近両用メガネは、慣れていただければ問題ありませんが、慣れない場合が多いんですよ。


EYES(アイズ)では、少しでも、見やすく・疲れず・快適に過ごして頂けますよう、どのようなレンズをおすすめすればよいか、頭をクルクル回しながら、お客様と一緒に考えて決めさせて頂いてます。

少しでも快適な眼鏡をご希望でしたら、どうぞアイズへお越しください。
あなたのご希望に添えますよう、尽力いたします。


                  SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年10月10日

遠近両用メガネは常用されると便利です。


 「遠近両用メガネは怖いって聞くから使わない」とか、「以前かけたことあるけど、怖かったから私には無理」とか思ってられませんか?


確かに、遠近両用眼鏡は慣れが必要な場合もあります。

しかし、だからといって、遠近両用をあきらめてしまうのはもったいないです。


たとえば、炊事するときに、台所の野菜に付いた虫とか、見えてますか?
まな板の野菜、切りにくくないですか?

せっかく作った料理を食べる時、お茶碗に持ったご飯やおかずがはっきりと見えてますか?

食事は味も楽しみですけど、よく見えるとさらにおいしく感じますよね。

出先でお名前を記入する時に書きにくかったり、買い物で値札が分からなかったり。


これら全部、遠近両用眼鏡を使えるようになると快適に過ごすことが出来ます。

遠近両用眼鏡って言葉が悪いんですね。

遠くも近くも見える眼鏡って思いますよね。ふつう。
お客様がそう思われるから、作る方もそのように作ってしまう。 そこに問題があります。

手元の度をグンと落として弱めで作ると、意外と使用できたりします。

本を読むのはツライですが、出先で記入したり、お買い物時に値札が見れたり、調理がしやすくなったりと良いことずくめなんです。

テーブルに並んだお料理もハッキリ見えるので、食事もよりおいしく召し上がれますし。


遠近両用眼鏡は、作り方次第で常用できる便利な眼鏡に変わります。

20171007遠近両用.jpg

この方も、違和感を訴えられましたが、手元の度数を弱くして動きやすいように調整してお作り頂きました。
本は今お持ちの別の眼鏡で読んで頂き、遠近両用眼鏡は常用して頂きます。
少し違和感ありますが、すぐに慣れて頂けると思います。

見えることは便利ですから。


あと、近視の方は怖くないですよ。
遠近両用眼鏡、とっても作りやすいですし、とっても慣れやすいです。

たま〜に、敏感な方で、慣れにくい方もありますが、ほぼほぼ心配いりません。
作ってすぐに普通にご利用頂けます。


レンズの進化も著しく、昔に作ったけどダメだったと言う方も試してみる価値はあると思います。
よろしければEYESへお越し下さい。

尽力いたします。


              SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月30日

倉吉の方からお電話頂きました

 明日は地区の運動会で、今日のお昼から準備に行かないといけない。
3時頃には戻ってこれるかな。

先ほどアイズの眼鏡屋さんですか? とお電話いただきました。

「しっかりとした眼鏡を作って欲しいと考えてるんですけど、日本眼鏡技術者協会の技術者に作ってもらえるんですか?」って。

うちは個人店なので技術者は私一人で、検眼・加工・調整と全て技術者が行いますよ。って答えましたけど、パパママストアって言った方がわかりやすかったかな。

フレーム選びでも、検眼した度数を元にアドバイス聞きながら適したフレームをお選び頂けますので、しっかりとした眼鏡をご要望のお客様からすると理想的な形態だと思うんですけどね。 


ただ、定休日以外でもたま〜に休む時がありますので、遠方の方は必ず「いついつ行きますが大丈夫ですか?」とお電話してからお越しください。

この方は倉吉からですので、2〜3時間くらいのドライブになります。
ご来店頂いても店が閉まってたら、・・・悲しいですよね。

こちらも、申し訳ないですし。

ですので、お電話してから起こし頂くようお願いしています。


加古川とか明石や三田・姫路とからとかからも、たまに遠方から来て頂けます。 
「私にあったしっかりとした眼鏡を作って欲しいから。」と、おっしゃって来て頂けます。

みなさん、ドライブを楽しみながらお寄り頂いてます。

眼鏡出来てお渡しした後、機嫌良く帰って頂いてますので、見にくくて苦労している方のお力になれて嬉しいなって思います。


都会から来て頂いても喜んで帰って頂けるのは、たぶん、私が眼鏡士だからというよりも、私のウデが良いんだと思います。(笑)

今までずっと黙ってましたが、言わないと人に通じないので、分かってもらうために言うことにしました。

日本眼鏡技術専門学校で眼鏡の知識と、眼の構造や病気についての知識を学んで、国立大阪病院眼科・大阪市立大学附属病院眼科・北野病院眼科に派遣され、眼鏡店勤務では体験できない重度の眼病の患者さんの目や強度の近視や乱視、斜視・斜位のプリズム補正、幼児の眼の測定をさせて頂いて、鍛えられたからだと思ってます。 当時はとても厳しかったのですが、今になって思えばその時に鍛えてくれたおかげで、『気持ちよく見えなくて困っておられる方々』のお役に立てています。 当時の医師や視能訓練士の先生方に感謝です。


この方の場合も、
「私、本を読むときにとっても疲れるんです。 読むところをとばして読んでみたり。 眼鏡にもプリズム入れてもらってるみたいです。」

とおっしゃってましたが、きっとお力になれると思います。


読むところを飛ばして読んでしまうのは、眼の追従がうまく行ってないことから起こります。

眼の筋肉の体操を毎日少しずつしていただければ、改善してくるはずです。
もちろん、眼にあった眼鏡を使用するのは必然ですけど。

ご来店頂いたら、眼の筋肉の体操の仕方も教えてあげると良いかもって思いながらお話してました。

本日来たそうだったんだけど、どうされるのかな?
    3〜4時の間にご来店頂ければ対応出来るんだけど・・・・。

5時になると眼が疲れていて、少し変わった測定結果が出てしまうので、5時過ぎてからの視力検査はしていません。
出来れば4時くらいまでに測定したいです。 って遅くに来られるお客さんにはお話しています。



              SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月23日

ご本人は気づいてられない、疲れる目

 先日、眼科さんから処方箋を持ってこられて、「遠近両用眼鏡を作って欲しい。」とおっしゃらっる方の眼鏡ができあがりました。

20170922meganeVX.jpg


遠近両用眼鏡は、遠くを見る度数、手元を見る度数、遠くと手元を見る度数の差を考慮して作らないと、違和感が出た時に対処の使用が無くなります。

本来なら処方箋のままお作りせねばならないのですが、処方の通りにお作りして、お客様が違和感を訴えられた場合、別の度数でレンズを作り直しせねばなりません。

お医者さんに作り直しするレンズ代金を請求するわけにもいかず、当方が負担するにも高額ですし、かといってお客様に請求も出来ないですし、とても困ったことになります。


せっかく処方をとって来てくれましたが、再度、アイズで視力測定させて頂きました。

度数はお医者様の処方と大差無いのですが、上下斜位が見つかりました。
眼球を動かす筋肉がうまく使えず、右目が上に、左目が下に向きやすい眼で、とても苦労してピントを合わせている眼で、なんだか見にくい感じがしますし、とっても疲れる目です。

光を曲げて見やすくするプリズム処方をして、ラクに見てもらえるような眼鏡にしています。
上下プリズムは、お客様が違和感を感じやすいので、出来れば入れたくないのですが、この方の場合、プリズム入れた方が明らかに見やすくなりましたので、プリズム入りの遠近両用眼鏡になりました。



読書用眼鏡もご所望で、こちらにもプリズム入れてあります。
20170921megane近用.jpg


受け取りに来て頂いたときに、「とっても見やすい!」 と言って大変喜んで帰って行かれました。


・なんで私の目って、こんなに疲れるん?
・どこで作っても、なんか見にくくてあきらめてる。
・もっと見やすい眼鏡って無いのかな?

ってお悩みの方がおられましたら、EYES(アイズ)へいらしてみてください。
きっと、あなたのお役に立てると思いますよ。


               SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月09日

安い眼鏡とお宅の眼鏡どう違うの?


 「よくある安いとこの眼鏡と、あなたの所の眼鏡、どう違うの?」

最近この質問よく受けます。
その都度お答えしているのですが、なんだかよく分かって頂けないような感じで、どうお答えすれば分かってもらえるかな? ってずっと考えてました。

で、今日も聞かれました。

「よくその質問されるんですけど、わかりやすく言えば、レストランとマクドナルドの違いでしょうか。 使用する材料も違えば、技術も違うでしょ。 そんな感じです。」 


と言って見ました。

その方、レストランされてましたので、すぐに納得してもらえました。



どちらがイイ悪いではないのです。

レストランはおいしい料理と楽しい時間を提供してくれます。 おいしい料理を作るために新鮮な材料を使い、食材の目利きや調理の仕方も修練が必要ですね。 ですので安くでは食事出来ないですし、食事が出てくるまでにも時間がかかります。

マクドナルドは、今すぐ食事できます。 安価で。 そこにおいしさは求められませんよね。
今すぐ食べたい人には最高です。


眼鏡も同じで、毎日を見やすく快適に過ごしたいと思われましたら、あなたのために吟味した材料(レンズ)を使用して作らねばなりません。 趣のあるフレームならなお使うのが楽しくなります。

検眼・加工・お顔への調整(フィッティング)の技術も修練が必要です。 いつの時代でもほんとうに良い商品は安価では無いものです。 それなりの価格になりますし時間(日数)もかかります。



安い眼鏡を売ってるお店は、今すぐ眼鏡を作ってくれます。
待ってる間に、お買い物してる間にできあがります。 レンズの性能は? その価格で販売して利益の出せるモノですからそれなりのモノになるでしょうが、見えれば何でもイイと考えてられる方にはピッタリです。
今すぐ欲しい、無いと困る! と言う方にもピッタリです。

 
なんか、こんな事を考えてたら、楽しくなってきました。
眼鏡って、雑貨みたいにされちゃったな〜。って悲しくなってましたけど、イヤイヤ、お客さんの種類が違うだけなんだなって、今コレ書いてて思ってます。


私、技術あるので、必要な方にはきっと喜んで頂けるはずです。


まだまだ宣伝不足なんですね。
    もっと もっと 知ってもらわないといけないんですね。


若い頃からずっと、不言実行を信条としてきて、出来ることも、してきたことも、黙ってするのがカッコイイってずっと思ってきたのですけど、それって、人に分かってもらえないんですね。

少し前に気づきました。

出来ることは言わないといけないようです。
        言わないと分かってもらえない。


なので、これからは、有言実行をモットーにしたいと思います。


もっともっと、出来ることを言って、必要とされてる方のお役に立ちたいと思います。


眼鏡作ってもなんか眼が疲れる。
遠近両用眼眼作ったけど、怖くて使えない。
どこで作っても見える眼鏡が出来ないからあきらめてる。
眩しくて目が開かない。
光のあるところに行くと頭がクラクラする。
なんか子供が見にくそうにしてる。
夜の車の運転が見にくくて怖い。
パソコン見るのに異常に疲れる。


のような事でお困りでしたら、EYES(アイズ)へお越しください。

日本眼鏡技術専門学校で眼と眼鏡の専門知識を習得し、国立大阪病院眼科・大阪市立大学附属病院眼科・北野病院眼科に派遣され、強度近視や強度の乱視・斜位のプリズム補正など、普通の病院や眼鏡店勤務では経験出来ない特殊な患者さんを毎日毎日検眼させてもらい、検眼技術に磨きのかかった、私の知識と技術があなたのお役に立てると思います。

きっとお力になれると思いますよ。


              SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月02日

カーブ付きの眼鏡

 カーブ付きの眼鏡を作成しました。

20170902カーブ眼鏡01.jpg

サングラス用に仕入れたオークリーのフレームですが、「仕事に使いたい。」との事で眼鏡でお作り頂きました。


このフレーム、透明なレンズでも違和感なくお似合いでした。
眼鏡としても使用できるんですね。

ただ、フレームにカーブが付いています。
20170902カーブ眼鏡02.jpg

これだけカーブが付いてると、普通のレンズをセットすると違和感で使い物になりません。
見るのがしんどくなってしまいます。

当店に 「この眼鏡見にくいんです。」 ってお持ち頂く方で、カーブ付きのフレームに高屈折レンズをセットした眼鏡、たま〜に見ます。

ダメですよ。
  普通のレンズセットしちゃ。


カーブの付いたフレームにはカーブ用のレンズが必要です。
カーブに合わせて度数を補正して、カーブ用のレンズを特注して、ちょっとしたノウハウを吹き込んで仕上げます。


見やすくカッコイイ度付きサングラスを作るために、TALEXと共に成長してきたEYES(アイズ)ならではの、カーブ付きの特注眼鏡です。


ちょっとしたノウハウを入れてお作りしてますので、違和感なくご利用頂けると思います。

綺麗な眼鏡ができあがりましたので、お渡しするのが楽しみです。



              SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年06月21日

レンズ破損

 左目のレンズが破損した眼鏡の修理を致しました。

20170621レンズ破損.jpg

このレンズ、見やすく丈夫で割れにくいのですが、真っ二つに割れてます。
「どうして割れたの?」って聞いてみると、踏んづけてしまったそうです。

フレームは何ともないようでしたので、良かったです。
左目だけのレンズ交換でお受けしました。

この方、昨年の10月に新調いただいた眼鏡なのですが、1年足らずでのイタイ出費。

そのような方のために、EYESでは1年半額保障サポートをしています。

一年以内に度数変化した方とかレンズにキズの入った方のために、半額で交換させてもらう1年間半額交換サポートです。 

度数の変化しやすい学生さんには喜んで頂いています。


今回もご購入から1年以内ですので、半額交換にて割れた左目だけ交換させて頂きました。

それにしても、この割れ方は危険ですね。
眼鏡のレンズって、割れた時の事を考えると怖いですね。

もしこのとんがりで目を突いたらって思うと、ゾッとします。

このレンズも丈夫なレンズで、「こけた時に眼鏡をかけてたから眼が助かった」って言われるほど、レンズが傷だらけになって目を守ってくれてるケースがよくあります。 今回のレンズもそんな丈夫なレンズなのですが、踏まれた角度が悪かったのかな?

スポーツされる方とか、割れる可能性の高い方には、ショベルカーでたたいても割れないレンズがありますので、そちらのご利用をオススメいたします。


レンズを削ってフレームにセットしようとした時、フレームのヨレがあり、修正してお渡ししています。

20170621フレーム修復.jpg

左側のリムがヨレていて、レンズがうまくセットできませんでした。
修正してます。

それにしても、フレームの損傷が軽微で良かったです。


posted by SS級認定眼鏡士 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年05月29日

けさのあさいちで斜位の話

 今朝のNHKのあさいちで、斜位の話をしていました。

EYES(アイズ) でも斜位の検査は検眼する度に行っています。
簡単な検査をして、異常が見られれば詳しく調べて、必要であれば、光を曲げて見やすくするプリズム処方をしています。

プリズム処方することで、見やすく目が疲れなくなります。
今まで見づらくていろんなところで眼鏡を作ってみても目の疲れが解消されず困ってられた方が、EYESで見させてもらい、眼鏡をお作りすると、「とっても見やすくなり疲れなくなった。」 と喜んで頂けます。

最近、何となく感じていたことなのですが、なんか最近、斜位の人って多くないかなって思っていました。


そんな時に今朝のあさいちで放映してたものですから、ついつい見入ってしまいました。
テレビで特集するって事は、やはり斜位の人が多くなっているのでしょうね。


原因は、もともとあるものであったり、何かの原因で目を寄せたり、動かす筋肉が弱くなったりすることでうまくピント合わせ出来なくなる事から起こります。

モノが二重に見えたり、ダブって見えたりします。
普段は普通に見えるけど、疲れると2重に見えたりとか。
目にはとっても負担がかかっていて、疲れます。

でもこれって、病気ではなく、適切な眼鏡を使用することで快適に過ごせるようになるので、安心して頂いて良いのですが、問題は、このプリズム処方って、技術者のレベルで大きく違いがあるため、適切なプリズム処方の出来るところが少なく、有名なお店だから出来ると言うものでもなく、消費者の方からすると、どこで処方してもらえるのか分からない事が問題なのかな? って思っています。

テレビ見ていて感じたのですが、この説明をされていたドクター、とても分かりやすく説明されてました。
斜位の説明って、ついつい専門用語使ってしまうのですが、難しい言葉を使わずに分かりやすくお話しされてました。

私も、話し方の勉強したほうがよいと考えさせられる番組でした。

簡単に話す事って、とっても難しいんですよね。



もし、あなたが2重に見えて困っているとか、目が疲れて困るとか、仕事帰りとか長時間の車の運転すると2重にダブって見えるとか感じてられましたら、きっとお力になれると思いますよ。

ロータリーにあるEYES(アイズ)へお越し下さい。
たま〜に休業してるときがありますので、お電話頂いてからの方が良いかもしれません。


              SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.


posted by SS級認定眼鏡士 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年03月07日

受注後の変更は当店負担

 今朝は寒かったですが、春の空気を感じました。
今、雪がよく降ってますが、すぐに消えるでしょう。 たぶん。


人は、読書する時に、無意識のうちに眼がグッと力を入れてピント合わせしています。
これは、両目同じくらいの力で調節しています。

でも、たま〜に、左右で調節する力の大きく違う人がいます。
右手の握力と左手の握力が極端に違う人がいるのと同じように。

こういう人の眼鏡って、見える範囲が右目と左目で変わるから難しいんですよね。

右目と左目に異なるレンズを入れて、見える幅を調整して両目で見やすいよう読書用眼鏡を、昨年お作りしました。

その眼鏡をとても気に入ってくださり、今回、もう少し遠くの見える読書用眼鏡が欲しいとのこと。

どうしよう どうしよう。
両目で見えるようにするには、これが限界だぞ。 たぶん。


考えた結果、両目で読書して、左目で遠くを見れる眼鏡に決定し、レンズ注文してました。

数日して仕上がったレンズをフレームにセットするため、レンズメーターで見てると、なんかな〜。
このレンズなら、手元も遠くも両目で見れるように出来るような気がする。 
出来れば、その方が見やすいし使いやすい眼鏡になるし。

お客様のためになるしな〜。

ってことで、右レンズだけ再度、別のデータで注文だしました。

そのレンズが本日届いて、加工しましたが、なんかいい感じ。
最初のレンズも加工しておいて、違和感を訴えられたときにはすぐに入れ替え出来るようにしてあります。


これって、レンズが1枚無駄になるのですが、当店の負担です。

 アイタ〜。

受注後に、このお客さん、絶対こっちの方がいいよな〜。 この方が良かったかも? って思うと、ついつい良い方に変更してしまう事があるんです。

もちろん、当店の負担で。

    イテテ〜。


まあね。 それで、お客様が見やすいって感じて使ってくれるなら、よいんですよね。


                    SS級認定眼鏡士 T. Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年02月25日

今日はとってもお力になれた。 ビールがうまいぞ。

 今日は難しい眼鏡2つ受注して、頭フル回転でした。

お一人は、右目と左目とで手元を見る時の力、調節力が違う方で、ごくごくたまにおられます。
手元をメインに見たいのだけど、遠くも見たい。

これ、普通の眼鏡でも考えるのですが、左右の調節力が違う場合、右目と左目の見える範囲が違ってしまいます。
左右同じように見えるよう、度数を調整しながら、レンズによっても見え方が変わるので、使用するレンズを試しながら、コレは? コレは? と見ていただき、頭フル回転。

お客様のイメージに近いモノができそうです。

ありがとうございます。


もう一人は、11歳のお子様です。
お母様とご一緒にご来店頂きました。


「本人は見にくいと言うんだけど、本当に見えてないのかどうだか分からないんです。 視力も測れないですし。」

とのことで、あちこちで診てもらってられるようですが、分からないとのことで、当店に来られました。

お話しをお聞きしていて、文字も読めるのでとりあえず近見視力表で見ていただくと、0.08位の視力です。

お母様に、「本当に見えてないと思いますよ。」 と話すと「え〜!」って驚かれてました。

それから、レチノスコープで目を見てみると、あらら〜 すごい乱視だ。
 

「これは見えないわ〜。 これだけの強い乱視があると見えないです。
お子さん、本当に見えてないですよ。
見るのにとっても苦労して見てられますね。 本とかもとっても読みづらいんで、苦痛ですし。」

って話しながら、処方箋を取りに席を立つと、ちょっとうるっとしてられた。


 11歳の子供さんが。



たぶん、「見えない。」って言ってるのに、みんな分かってくれなかったから、分かってくれたって、ほっとされたんでしょうか。


「見る力は視力・遠近感をつかむ両眼視・立体的に見る立体視・動いてるモノを見る動体視力等がありますが、たいていのモノは大人になってからでも訓練で強くすることができます。 でも、視力だけは8〜9歳で確立されて、それ以降はあがることはないんです。 この乱視で、お子様にどれだけ見る力が付いてるか・・・ お子様の年齢は11歳ですので、もし今、見る力が付いてなければ、今の見え方のままなんですよ。 とりあえず測ってみますね。」

ってお話ししました。

言い過ぎたか?  ちょっときつかったか?  
もう少しやさしく言った方が良かったか?
もしかしたら脅しに聞こえた?


でも、言ってしまった。


見えない原因は乱視だと分かったので、テスト枠に乱視をセットして、雲霧法で調節力を除きながら時間掛けてじっくりと測ってみると、おっ 見えるぞ!

0.3 見えた。

0.5 やった見える!

0.7 やるじゃん。

0.8 見えたやん。

1.0 ちと無理か。
   まあいい。これだけ見えれば上等だわ。

左右とも同じくらいの見え方でした。


測ってて、こんなに嬉しくなったの久しぶり。

眼鏡掛けると左右共に 0.8 で、両目で1.0 見えかかる程度。
よく見える目に育ってました。

良かった良かった。
見る力は付いていたよ。 
今まで相当苦労しながら見てたんだね。 
凄いわ。

テスト枠で確認していただくと、
「見える。 見える」ってとっても喜んでられました。


最初見た近見視力表も、0.1 見えなかったのが、1.0 見えるようになってます。

これで、本も読めるし、勉強も出来るようになるよ。
スポーツもいっぱいしてね。


今日はビールがおいしそうだ。


『見えてるのか見えてないのか分からない。』
『何処に行ってもなんか見やすい眼鏡が出来ないな』


ってお悩みのあなた。 EYES(アイズ)へいらしてみてください。
           きっと、お役に立てると思います。


親切・丁寧・技術一番のEYES(アイズ)です。

                SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年12月10日

スポーツ用保護眼鏡作りました

スポーツ用ゴーグル作りました。
鉄球を落としても割れないとっても丈夫なレンズをセットしました。

20161210スポーツゴーグル.jpg

バスケットされてる学生さんで、練習中に眼鏡が壊れたので、スポーツ用にどうしようか思案されてました。
私の学生の頃は、普通に眼鏡かけてスポーツしてたので、「こんなんいるのかな?」っていうのが本心でしたから、お客様のご要望のある時だけ販売しておりました。

ところが、先月、たまたま講習があって、スポーツグラスについてのお話を聞き、スポーツグラスの必要性をつくずく感じたのです。

スポーツをしていて眼の怪我をする確率は0.2%ととても低いです。

ところが、眼に外傷を負われた方の80%は後遺症が残るとおっしゃってました。
この後遺症は一生涯残るのです。
視力が落ちたり、かすんで見えたり、眼の動きが悪くなったり、今までと同じような見え方は出来なくなるということです。

後で調べてみると、眼外傷の33%は子供のスポーツで発生している事がわかりました。
また、眼外傷の33%はボールが眼に当たることで起こり、66%は人との接触で起こるとのこと。

そして、90%の眼外傷は予防可能である事がわかりました。


スポーツの保護眼鏡について調べてみて、今までと考え方が一変しました。

眼に外傷を負う確率は非常に低いのですが、万一外傷を負うと、今までのような見え方は期待できず、著しく生活のクオリティーが低下します。
本人はもちろん、ご両親も一生悲しまれる事になりかねません。

スポーツ用眼鏡で眼を保護してあげるのが良いのではないでしょうか。

球技をされてる方だけではなく、人と接触するスポーツも対象になります。(指で眼をひっかくことになると角膜が傷ついてしまうのです。)

野球・ソフトボール・サッカー・バトミントン・バスケットボール・ラグビー・テニス・スカッシュ・ホッケー・ラクロス等が保護眼鏡の対象スポーツです。

ただ、この保護眼鏡、顔との隙間無く沿うようにフレームがカーブしてますので、度入りにする場合、特殊な技術が必要になります。
普通にレンズを入れてしまうと、違和感ありありの眼鏡になってしまうのです。


ハイカーブサングラスの度入りを見やすく作るため、TALEX(タレックス)と共に成長してきたEYES(アイズ)ならではのノウハウを詰め込んでお作りしています。

使ってみると、視野が広くなり驚きです。
意外と見やすく出来てますよ。

『スポーツゴーグル使いたいな。』と思われましたら、快適なハイカーブサングラスを作っているノウハウいっぱいの、EYES(アイズ)へお越し下さい。


                SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年11月26日

神戸の眼科さんへ行ってました

 昨日、アンを神戸の眼科さんへ連れて行ってました。
午前中は県立視覚支援学校へ。

一年に4回、発達の状態を見てもらいに行ってます。
今回、今まで全く出来なかったことが出来るようになっていて、成長を感じます。
このまま、ゆっくりでもいいから止まることなく成長してくれれば、どこまでいけるかな?

今9歳で、知能は3歳。 
大人になる頃には、小学校高学年までくらいの知能がついてくれるだろうか?

それにしても、2時間休みなしでよく頑張ったもんです。


アンって学校は勉強する所って分かってるようで、学校だとよい子ちゃん。

学校出ると、わがまま娘にガラッと豹変するし。 これ、自閉症の特徴なんかな?



午後は、今使ってる眼鏡が合ってるかどうか見てもらうために、眼科さんへ移動。

一時間早く着いてしまったのですが、早く見てくれて助かりました。

うちの子、まだ字が読めない、輪の向きを言えないので視力の測りようが無いのです。
で、検影法っていって、レチノスコープっていう光の出る機械を手に持って、その光を眼に当てて帰ってくる像の動きから度数を測定していく方法があります。

これ、上手な人に測ってもらうとドンピシャに度が合うんです。
オートレフという機械よりも正確な度がだせます。

アンの眼を、これで診てもらうために神戸まで行ってました。

左目は2年前と度数はそんなに変化してないようです。

「右目の乱視が少し強くなってるかな?」とおっしゃってましたが、度数を聞くの忘れたよ〜。


私もこの検影法出来るようになれればいいなと思ってます。

今度、スペシャリストの先生から個人レッスン受けてきます。
楽しみです。


眼科さんが早くに済んだので、帰りにフィアットのお店にもよって来ました。

リアハッチがリモコンで開く時と開かない時があり、なんか不便なんで、どんな感じなのか診てもらいました。

リアハッチの中の配線が4本切れてるそうです。
接触不良をおこして開かないときがあるそうで、見積書を頂きました。

一万9千・・・ ?

19万8千・・  ってか?  高!

リアハッチごときにそんなにかけれん。

しばらく様子見しますと言って帰ってきましたが、たぶんずっとこのままなんだろうな きっと。

シートを倒せば中から出し入れ出来るので、このままでも不自由ないかもしれないですね。


一気に神戸での用事を済ませてしまった。
ちと疲れたです。


             SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡