2017年10月13日

弱度の近視の方の遠近両用メガネは、作らないほうがよい?

 本日眼鏡がほしいとご来店頂き、度数を測ってみると、乱視とごくごく軽い近視でした。

普段は眼鏡かけてなくて、車の運転とか外出時に眼鏡がほしくて、パソコンの疲れない眼鏡とスマホもぼやけるとおっしゃってました。

45歳くらいから、そろそろ手元が見にくくなるものです。
この方も、そろそろ来てました。
メガネかけて手元が見にくくなってました。

でも幸い、乱視があるため、眼鏡をはずせば手元は見えます。


どのような眼鏡を作ろうかと、頭クルクル回しましたが、どう考えても、この方の度数で全てを一つの眼鏡で見えるようにするには、無理があります。

パソコンを見る時は、眼鏡なしか度なしのOAグラスで見てもらい、車の運転とスマホを遠近両用メガネで使い分けてもらうのが一番のように思います。

ところが、弱度の近視の方の遠近両用メガネは、とっても使いずらいのです。

遠くを見る上の部分に凹レンズ
手元を見る下の部分に凸レンズ
  と2つの異なるレンズが上下に入ることになります。

すると、動いた時に困ったことがおこるのです。

レンズを透して見えてる物が、右を向くと、凹レンズ部分は右に動き、凸レンズ部分は左に動くため、眼鏡の上側は右に、下側は左に動き、気分悪くなります。
なんか、揺れてるようなすごい違和感を感じるんです。


これ、個人差があり平気な人もおられます。

ですが、本日の方は、無理でした。


遠近両用メガネは使えないです。

遠くは遠くだけの眼鏡で、手元は眼鏡をはずして見て頂くことになりました。

ほとんど車に乗られる時と、外出時でのご利用になりますので、TALEXの薄い色のピースグレーでおつくりさせて頂きます。

ピースグレーは、薄い色のサングラスで、地下街とか・スーパーとかの照明のきついところとかでご利用頂きますと、とっても目が楽です。 目が疲れません。 

車の運転に利用されますと、見やすく・疲れず・安全に運転できます。

眼鏡をかけたり外したりする不便さは残りますが、見やすさと疲れなさでは喜んで頂けると思います。


今回、久しぶりに遠近両用メガネを使わないほうが良いと思える人に出会えましたので、お伝えさせて頂きました。

弱度の近視の方の遠近両用メガネは、慣れていただければ問題ありませんが、慣れない場合が多いんですよ。


EYES(アイズ)では、少しでも、見やすく・疲れず・快適に過ごして頂けますよう、どのようなレンズをおすすめすればよいか、頭をクルクル回しながら、お客様と一緒に考えて決めさせて頂いてます。

少しでも快適な眼鏡をご希望でしたら、どうぞアイズへお越しください。
あなたのご希望に添えますよう、尽力いたします。


                  SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年10月10日

遠近両用メガネは常用されると便利です。


 「遠近両用メガネは怖いって聞くから使わない」とか、「以前かけたことあるけど、怖かったから私には無理」とか思ってられませんか?


確かに、遠近両用眼鏡は慣れが必要な場合もあります。

しかし、だからといって、遠近両用をあきらめてしまうのはもったいないです。


たとえば、炊事するときに、台所の野菜に付いた虫とか、見えてますか?
まな板の野菜、切りにくくないですか?

せっかく作った料理を食べる時、お茶碗に持ったご飯やおかずがはっきりと見えてますか?

食事は味も楽しみですけど、よく見えるとさらにおいしく感じますよね。

出先でお名前を記入する時に書きにくかったり、買い物で値札が分からなかったり。


これら全部、遠近両用眼鏡を使えるようになると快適に過ごすことが出来ます。

遠近両用眼鏡って言葉が悪いんですね。

遠くも近くも見える眼鏡って思いますよね。ふつう。
お客様がそう思われるから、作る方もそのように作ってしまう。 そこに問題があります。

手元の度をグンと落として弱めで作ると、意外と使用できたりします。

本を読むのはツライですが、出先で記入したり、お買い物時に値札が見れたり、調理がしやすくなったりと良いことずくめなんです。

テーブルに並んだお料理もハッキリ見えるので、食事もよりおいしく召し上がれますし。


遠近両用眼鏡は、作り方次第で常用できる便利な眼鏡に変わります。

20171007遠近両用.jpg

この方も、違和感を訴えられましたが、手元の度数を弱くして動きやすいように調整してお作り頂きました。
本は今お持ちの別の眼鏡で読んで頂き、遠近両用眼鏡は常用して頂きます。
少し違和感ありますが、すぐに慣れて頂けると思います。

見えることは便利ですから。


あと、近視の方は怖くないですよ。
遠近両用眼鏡、とっても作りやすいですし、とっても慣れやすいです。

たま〜に、敏感な方で、慣れにくい方もありますが、ほぼほぼ心配いりません。
作ってすぐに普通にご利用頂けます。


レンズの進化も著しく、昔に作ったけどダメだったと言う方も試してみる価値はあると思います。
よろしければEYESへお越し下さい。

尽力いたします。


              SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月30日

倉吉の方からお電話頂きました

 明日は地区の運動会で、今日のお昼から準備に行かないといけない。
3時頃には戻ってこれるかな。

先ほどアイズの眼鏡屋さんですか? とお電話いただきました。

「しっかりとした眼鏡を作って欲しいと考えてるんですけど、日本眼鏡技術者協会の技術者に作ってもらえるんですか?」って。

うちは個人店なので技術者は私一人で、検眼・加工・調整と全て技術者が行いますよ。って答えましたけど、パパママストアって言った方がわかりやすかったかな。

フレーム選びでも、検眼した度数を元にアドバイス聞きながら適したフレームをお選び頂けますので、しっかりとした眼鏡をご要望のお客様からすると理想的な形態だと思うんですけどね。 


ただ、定休日以外でもたま〜に休む時がありますので、遠方の方は必ず「いついつ行きますが大丈夫ですか?」とお電話してからお越しください。

この方は倉吉からですので、2〜3時間くらいのドライブになります。
ご来店頂いても店が閉まってたら、・・・悲しいですよね。

こちらも、申し訳ないですし。

ですので、お電話してから起こし頂くようお願いしています。


加古川とか明石や三田・姫路とからとかからも、たまに遠方から来て頂けます。 
「私にあったしっかりとした眼鏡を作って欲しいから。」と、おっしゃって来て頂けます。

みなさん、ドライブを楽しみながらお寄り頂いてます。

眼鏡出来てお渡しした後、機嫌良く帰って頂いてますので、見にくくて苦労している方のお力になれて嬉しいなって思います。


都会から来て頂いても喜んで帰って頂けるのは、たぶん、私が眼鏡士だからというよりも、私のウデが良いんだと思います。(笑)

今までずっと黙ってましたが、言わないと人に通じないので、分かってもらうために言うことにしました。

日本眼鏡技術専門学校で眼鏡の知識と、眼の構造や病気についての知識を学んで、国立大阪病院眼科・大阪市立大学附属病院眼科・北野病院眼科に派遣され、眼鏡店勤務では体験できない重度の眼病の患者さんの目や強度の近視や乱視、斜視・斜位のプリズム補正、幼児の眼の測定をさせて頂いて、鍛えられたからだと思ってます。 当時はとても厳しかったのですが、今になって思えばその時に鍛えてくれたおかげで、『気持ちよく見えなくて困っておられる方々』のお役に立てています。 当時の医師や視能訓練士の先生方に感謝です。


この方の場合も、
「私、本を読むときにとっても疲れるんです。 読むところをとばして読んでみたり。 眼鏡にもプリズム入れてもらってるみたいです。」

とおっしゃってましたが、きっとお力になれると思います。


読むところを飛ばして読んでしまうのは、眼の追従がうまく行ってないことから起こります。

眼の筋肉の体操を毎日少しずつしていただければ、改善してくるはずです。
もちろん、眼にあった眼鏡を使用するのは必然ですけど。

ご来店頂いたら、眼の筋肉の体操の仕方も教えてあげると良いかもって思いながらお話してました。

本日来たそうだったんだけど、どうされるのかな?
    3〜4時の間にご来店頂ければ対応出来るんだけど・・・・。

5時になると眼が疲れていて、少し変わった測定結果が出てしまうので、5時過ぎてからの視力検査はしていません。
出来れば4時くらいまでに測定したいです。 って遅くに来られるお客さんにはお話しています。



              SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月23日

ご本人は気づいてられない、疲れる目

 先日、眼科さんから処方箋を持ってこられて、「遠近両用眼鏡を作って欲しい。」とおっしゃらっる方の眼鏡ができあがりました。

20170922meganeVX.jpg


遠近両用眼鏡は、遠くを見る度数、手元を見る度数、遠くと手元を見る度数の差を考慮して作らないと、違和感が出た時に対処の使用が無くなります。

本来なら処方箋のままお作りせねばならないのですが、処方の通りにお作りして、お客様が違和感を訴えられた場合、別の度数でレンズを作り直しせねばなりません。

お医者さんに作り直しするレンズ代金を請求するわけにもいかず、当方が負担するにも高額ですし、かといってお客様に請求も出来ないですし、とても困ったことになります。


せっかく処方をとって来てくれましたが、再度、アイズで視力測定させて頂きました。

度数はお医者様の処方と大差無いのですが、上下斜位が見つかりました。
眼球を動かす筋肉がうまく使えず、右目が上に、左目が下に向きやすい眼で、とても苦労してピントを合わせている眼で、なんだか見にくい感じがしますし、とっても疲れる目です。

光を曲げて見やすくするプリズム処方をして、ラクに見てもらえるような眼鏡にしています。
上下プリズムは、お客様が違和感を感じやすいので、出来れば入れたくないのですが、この方の場合、プリズム入れた方が明らかに見やすくなりましたので、プリズム入りの遠近両用眼鏡になりました。



読書用眼鏡もご所望で、こちらにもプリズム入れてあります。
20170921megane近用.jpg


受け取りに来て頂いたときに、「とっても見やすい!」 と言って大変喜んで帰って行かれました。


・なんで私の目って、こんなに疲れるん?
・どこで作っても、なんか見にくくてあきらめてる。
・もっと見やすい眼鏡って無いのかな?

ってお悩みの方がおられましたら、EYES(アイズ)へいらしてみてください。
きっと、あなたのお役に立てると思いますよ。


               SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月09日

安い眼鏡とお宅の眼鏡どう違うの?


 「よくある安いとこの眼鏡と、あなたの所の眼鏡、どう違うの?」

最近この質問よく受けます。
その都度お答えしているのですが、なんだかよく分かって頂けないような感じで、どうお答えすれば分かってもらえるかな? ってずっと考えてました。

で、今日も聞かれました。

「よくその質問されるんですけど、わかりやすく言えば、レストランとマクドナルドの違いでしょうか。 使用する材料も違えば、技術も違うでしょ。 そんな感じです。」 


と言って見ました。

その方、レストランされてましたので、すぐに納得してもらえました。



どちらがイイ悪いではないのです。

レストランはおいしい料理と楽しい時間を提供してくれます。 おいしい料理を作るために新鮮な材料を使い、食材の目利きや調理の仕方も修練が必要ですね。 ですので安くでは食事出来ないですし、食事が出てくるまでにも時間がかかります。

マクドナルドは、今すぐ食事できます。 安価で。 そこにおいしさは求められませんよね。
今すぐ食べたい人には最高です。


眼鏡も同じで、毎日を見やすく快適に過ごしたいと思われましたら、あなたのために吟味した材料(レンズ)を使用して作らねばなりません。 趣のあるフレームならなお使うのが楽しくなります。

検眼・加工・お顔への調整(フィッティング)の技術も修練が必要です。 いつの時代でもほんとうに良い商品は安価では無いものです。 それなりの価格になりますし時間(日数)もかかります。



安い眼鏡を売ってるお店は、今すぐ眼鏡を作ってくれます。
待ってる間に、お買い物してる間にできあがります。 レンズの性能は? その価格で販売して利益の出せるモノですからそれなりのモノになるでしょうが、見えれば何でもイイと考えてられる方にはピッタリです。
今すぐ欲しい、無いと困る! と言う方にもピッタリです。

 
なんか、こんな事を考えてたら、楽しくなってきました。
眼鏡って、雑貨みたいにされちゃったな〜。って悲しくなってましたけど、イヤイヤ、お客さんの種類が違うだけなんだなって、今コレ書いてて思ってます。


私、技術あるので、必要な方にはきっと喜んで頂けるはずです。


まだまだ宣伝不足なんですね。
    もっと もっと 知ってもらわないといけないんですね。


若い頃からずっと、不言実行を信条としてきて、出来ることも、してきたことも、黙ってするのがカッコイイってずっと思ってきたのですけど、それって、人に分かってもらえないんですね。

少し前に気づきました。

出来ることは言わないといけないようです。
        言わないと分かってもらえない。


なので、これからは、有言実行をモットーにしたいと思います。


もっともっと、出来ることを言って、必要とされてる方のお役に立ちたいと思います。


眼鏡作ってもなんか眼が疲れる。
遠近両用眼眼作ったけど、怖くて使えない。
どこで作っても見える眼鏡が出来ないからあきらめてる。
眩しくて目が開かない。
光のあるところに行くと頭がクラクラする。
なんか子供が見にくそうにしてる。
夜の車の運転が見にくくて怖い。
パソコン見るのに異常に疲れる。


のような事でお困りでしたら、EYES(アイズ)へお越しください。

日本眼鏡技術専門学校で眼と眼鏡の専門知識を習得し、国立大阪病院眼科・大阪市立大学附属病院眼科・北野病院眼科に派遣され、強度近視や強度の乱視・斜位のプリズム補正など、普通の病院や眼鏡店勤務では経験出来ない特殊な患者さんを毎日毎日検眼させてもらい、検眼技術に磨きのかかった、私の知識と技術があなたのお役に立てると思います。

きっとお力になれると思いますよ。


              SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年09月02日

カーブ付きの眼鏡

 カーブ付きの眼鏡を作成しました。

20170902カーブ眼鏡01.jpg

サングラス用に仕入れたオークリーのフレームですが、「仕事に使いたい。」との事で眼鏡でお作り頂きました。


このフレーム、透明なレンズでも違和感なくお似合いでした。
眼鏡としても使用できるんですね。

ただ、フレームにカーブが付いています。
20170902カーブ眼鏡02.jpg

これだけカーブが付いてると、普通のレンズをセットすると違和感で使い物になりません。
見るのがしんどくなってしまいます。

当店に 「この眼鏡見にくいんです。」 ってお持ち頂く方で、カーブ付きのフレームに高屈折レンズをセットした眼鏡、たま〜に見ます。

ダメですよ。
  普通のレンズセットしちゃ。


カーブの付いたフレームにはカーブ用のレンズが必要です。
カーブに合わせて度数を補正して、カーブ用のレンズを特注して、ちょっとしたノウハウを吹き込んで仕上げます。


見やすくカッコイイ度付きサングラスを作るために、TALEXと共に成長してきたEYES(アイズ)ならではの、カーブ付きの特注眼鏡です。


ちょっとしたノウハウを入れてお作りしてますので、違和感なくご利用頂けると思います。

綺麗な眼鏡ができあがりましたので、お渡しするのが楽しみです。



              SS級認定眼鏡士  T. Yamaguchi.




posted by SS級認定眼鏡士 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年06月21日

レンズ破損

 左目のレンズが破損した眼鏡の修理を致しました。

20170621レンズ破損.jpg

このレンズ、見やすく丈夫で割れにくいのですが、真っ二つに割れてます。
「どうして割れたの?」って聞いてみると、踏んづけてしまったそうです。

フレームは何ともないようでしたので、良かったです。
左目だけのレンズ交換でお受けしました。

この方、昨年の10月に新調いただいた眼鏡なのですが、1年足らずでのイタイ出費。

そのような方のために、EYESでは1年半額保障サポートをしています。

一年以内に度数変化した方とかレンズにキズの入った方のために、半額で交換させてもらう1年間半額交換サポートです。 

度数の変化しやすい学生さんには喜んで頂いています。


今回もご購入から1年以内ですので、半額交換にて割れた左目だけ交換させて頂きました。

それにしても、この割れ方は危険ですね。
眼鏡のレンズって、割れた時の事を考えると怖いですね。

もしこのとんがりで目を突いたらって思うと、ゾッとします。

このレンズも丈夫なレンズで、「こけた時に眼鏡をかけてたから眼が助かった」って言われるほど、レンズが傷だらけになって目を守ってくれてるケースがよくあります。 今回のレンズもそんな丈夫なレンズなのですが、踏まれた角度が悪かったのかな?

スポーツされる方とか、割れる可能性の高い方には、ショベルカーでたたいても割れないレンズがありますので、そちらのご利用をオススメいたします。


レンズを削ってフレームにセットしようとした時、フレームのヨレがあり、修正してお渡ししています。

20170621フレーム修復.jpg

左側のリムがヨレていて、レンズがうまくセットできませんでした。
修正してます。

それにしても、フレームの損傷が軽微で良かったです。


posted by SS級認定眼鏡士 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年05月29日

けさのあさいちで斜位の話

 今朝のNHKのあさいちで、斜位の話をしていました。

EYES(アイズ) でも斜位の検査は検眼する度に行っています。
簡単な検査をして、異常が見られれば詳しく調べて、必要であれば、光を曲げて見やすくするプリズム処方をしています。

プリズム処方することで、見やすく目が疲れなくなります。
今まで見づらくていろんなところで眼鏡を作ってみても目の疲れが解消されず困ってられた方が、EYESで見させてもらい、眼鏡をお作りすると、「とっても見やすくなり疲れなくなった。」 と喜んで頂けます。

最近、何となく感じていたことなのですが、なんか最近、斜位の人って多くないかなって思っていました。


そんな時に今朝のあさいちで放映してたものですから、ついつい見入ってしまいました。
テレビで特集するって事は、やはり斜位の人が多くなっているのでしょうね。


原因は、もともとあるものであったり、何かの原因で目を寄せたり、動かす筋肉が弱くなったりすることでうまくピント合わせ出来なくなる事から起こります。

モノが二重に見えたり、ダブって見えたりします。
普段は普通に見えるけど、疲れると2重に見えたりとか。
目にはとっても負担がかかっていて、疲れます。

でもこれって、病気ではなく、適切な眼鏡を使用することで快適に過ごせるようになるので、安心して頂いて良いのですが、問題は、このプリズム処方って、技術者のレベルで大きく違いがあるため、適切なプリズム処方の出来るところが少なく、有名なお店だから出来ると言うものでもなく、消費者の方からすると、どこで処方してもらえるのか分からない事が問題なのかな? って思っています。

テレビ見ていて感じたのですが、この説明をされていたドクター、とても分かりやすく説明されてました。
斜位の説明って、ついつい専門用語使ってしまうのですが、難しい言葉を使わずに分かりやすくお話しされてました。

私も、話し方の勉強したほうがよいと考えさせられる番組でした。

簡単に話す事って、とっても難しいんですよね。



もし、あなたが2重に見えて困っているとか、目が疲れて困るとか、仕事帰りとか長時間の車の運転すると2重にダブって見えるとか感じてられましたら、きっとお力になれると思いますよ。

ロータリーにあるEYES(アイズ)へお越し下さい。
たま〜に休業してるときがありますので、お電話頂いてからの方が良いかもしれません。


              SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.


posted by SS級認定眼鏡士 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年03月07日

受注後の変更は当店負担

 今朝は寒かったですが、春の空気を感じました。
今、雪がよく降ってますが、すぐに消えるでしょう。 たぶん。


人は、読書する時に、無意識のうちに眼がグッと力を入れてピント合わせしています。
これは、両目同じくらいの力で調節しています。

でも、たま〜に、左右で調節する力の大きく違う人がいます。
右手の握力と左手の握力が極端に違う人がいるのと同じように。

こういう人の眼鏡って、見える範囲が右目と左目で変わるから難しいんですよね。

右目と左目に異なるレンズを入れて、見える幅を調整して両目で見やすいよう読書用眼鏡を、昨年お作りしました。

その眼鏡をとても気に入ってくださり、今回、もう少し遠くの見える読書用眼鏡が欲しいとのこと。

どうしよう どうしよう。
両目で見えるようにするには、これが限界だぞ。 たぶん。


考えた結果、両目で読書して、左目で遠くを見れる眼鏡に決定し、レンズ注文してました。

数日して仕上がったレンズをフレームにセットするため、レンズメーターで見てると、なんかな〜。
このレンズなら、手元も遠くも両目で見れるように出来るような気がする。 
出来れば、その方が見やすいし使いやすい眼鏡になるし。

お客様のためになるしな〜。

ってことで、右レンズだけ再度、別のデータで注文だしました。

そのレンズが本日届いて、加工しましたが、なんかいい感じ。
最初のレンズも加工しておいて、違和感を訴えられたときにはすぐに入れ替え出来るようにしてあります。


これって、レンズが1枚無駄になるのですが、当店の負担です。

 アイタ〜。

受注後に、このお客さん、絶対こっちの方がいいよな〜。 この方が良かったかも? って思うと、ついつい良い方に変更してしまう事があるんです。

もちろん、当店の負担で。

    イテテ〜。


まあね。 それで、お客様が見やすいって感じて使ってくれるなら、よいんですよね。


                    SS級認定眼鏡士 T. Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2017年02月25日

今日はとってもお力になれた。 ビールがうまいぞ。

 今日は難しい眼鏡2つ受注して、頭フル回転でした。

お一人は、右目と左目とで手元を見る時の力、調節力が違う方で、ごくごくたまにおられます。
手元をメインに見たいのだけど、遠くも見たい。

これ、普通の眼鏡でも考えるのですが、左右の調節力が違う場合、右目と左目の見える範囲が違ってしまいます。
左右同じように見えるよう、度数を調整しながら、レンズによっても見え方が変わるので、使用するレンズを試しながら、コレは? コレは? と見ていただき、頭フル回転。

お客様のイメージに近いモノができそうです。

ありがとうございます。


もう一人は、11歳のお子様です。
お母様とご一緒にご来店頂きました。


「本人は見にくいと言うんだけど、本当に見えてないのかどうだか分からないんです。 視力も測れないですし。」

とのことで、あちこちで診てもらってられるようですが、分からないとのことで、当店に来られました。

お話しをお聞きしていて、文字も読めるのでとりあえず近見視力表で見ていただくと、0.08位の視力です。

お母様に、「本当に見えてないと思いますよ。」 と話すと「え〜!」って驚かれてました。

それから、レチノスコープで目を見てみると、あらら〜 すごい乱視だ。
 

「これは見えないわ〜。 これだけの強い乱視があると見えないです。
お子さん、本当に見えてないですよ。
見るのにとっても苦労して見てられますね。 本とかもとっても読みづらいんで、苦痛ですし。」

って話しながら、処方箋を取りに席を立つと、ちょっとうるっとしてられた。


 11歳の子供さんが。



たぶん、「見えない。」って言ってるのに、みんな分かってくれなかったから、分かってくれたって、ほっとされたんでしょうか。


「見る力は視力・遠近感をつかむ両眼視・立体的に見る立体視・動いてるモノを見る動体視力等がありますが、たいていのモノは大人になってからでも訓練で強くすることができます。 でも、視力だけは8〜9歳で確立されて、それ以降はあがることはないんです。 この乱視で、お子様にどれだけ見る力が付いてるか・・・ お子様の年齢は11歳ですので、もし今、見る力が付いてなければ、今の見え方のままなんですよ。 とりあえず測ってみますね。」

ってお話ししました。

言い過ぎたか?  ちょっときつかったか?  
もう少しやさしく言った方が良かったか?
もしかしたら脅しに聞こえた?


でも、言ってしまった。


見えない原因は乱視だと分かったので、テスト枠に乱視をセットして、雲霧法で調節力を除きながら時間掛けてじっくりと測ってみると、おっ 見えるぞ!

0.3 見えた。

0.5 やった見える!

0.7 やるじゃん。

0.8 見えたやん。

1.0 ちと無理か。
   まあいい。これだけ見えれば上等だわ。

左右とも同じくらいの見え方でした。


測ってて、こんなに嬉しくなったの久しぶり。

眼鏡掛けると左右共に 0.8 で、両目で1.0 見えかかる程度。
よく見える目に育ってました。

良かった良かった。
見る力は付いていたよ。 
今まで相当苦労しながら見てたんだね。 
凄いわ。

テスト枠で確認していただくと、
「見える。 見える」ってとっても喜んでられました。


最初見た近見視力表も、0.1 見えなかったのが、1.0 見えるようになってます。

これで、本も読めるし、勉強も出来るようになるよ。
スポーツもいっぱいしてね。


今日はビールがおいしそうだ。


『見えてるのか見えてないのか分からない。』
『何処に行ってもなんか見やすい眼鏡が出来ないな』


ってお悩みのあなた。 EYES(アイズ)へいらしてみてください。
           きっと、お役に立てると思います。


親切・丁寧・技術一番のEYES(アイズ)です。

                SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年12月10日

スポーツ用保護眼鏡作りました

スポーツ用ゴーグル作りました。
鉄球を落としても割れないとっても丈夫なレンズをセットしました。

20161210スポーツゴーグル.jpg

バスケットされてる学生さんで、練習中に眼鏡が壊れたので、スポーツ用にどうしようか思案されてました。
私の学生の頃は、普通に眼鏡かけてスポーツしてたので、「こんなんいるのかな?」っていうのが本心でしたから、お客様のご要望のある時だけ販売しておりました。

ところが、先月、たまたま講習があって、スポーツグラスについてのお話を聞き、スポーツグラスの必要性をつくずく感じたのです。

スポーツをしていて眼の怪我をする確率は0.2%ととても低いです。

ところが、眼に外傷を負われた方の80%は後遺症が残るとおっしゃってました。
この後遺症は一生涯残るのです。
視力が落ちたり、かすんで見えたり、眼の動きが悪くなったり、今までと同じような見え方は出来なくなるということです。

後で調べてみると、眼外傷の33%は子供のスポーツで発生している事がわかりました。
また、眼外傷の33%はボールが眼に当たることで起こり、66%は人との接触で起こるとのこと。

そして、90%の眼外傷は予防可能である事がわかりました。


スポーツの保護眼鏡について調べてみて、今までと考え方が一変しました。

眼に外傷を負う確率は非常に低いのですが、万一外傷を負うと、今までのような見え方は期待できず、著しく生活のクオリティーが低下します。
本人はもちろん、ご両親も一生悲しまれる事になりかねません。

スポーツ用眼鏡で眼を保護してあげるのが良いのではないでしょうか。

球技をされてる方だけではなく、人と接触するスポーツも対象になります。(指で眼をひっかくことになると角膜が傷ついてしまうのです。)

野球・ソフトボール・サッカー・バトミントン・バスケットボール・ラグビー・テニス・スカッシュ・ホッケー・ラクロス等が保護眼鏡の対象スポーツです。

ただ、この保護眼鏡、顔との隙間無く沿うようにフレームがカーブしてますので、度入りにする場合、特殊な技術が必要になります。
普通にレンズを入れてしまうと、違和感ありありの眼鏡になってしまうのです。


ハイカーブサングラスの度入りを見やすく作るため、TALEX(タレックス)と共に成長してきたEYES(アイズ)ならではのノウハウを詰め込んでお作りしています。

使ってみると、視野が広くなり驚きです。
意外と見やすく出来てますよ。

『スポーツゴーグル使いたいな。』と思われましたら、快適なハイカーブサングラスを作っているノウハウいっぱいの、EYES(アイズ)へお越し下さい。


                SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年11月26日

神戸の眼科さんへ行ってました

 昨日、アンを神戸の眼科さんへ連れて行ってました。
午前中は県立視覚支援学校へ。

一年に4回、発達の状態を見てもらいに行ってます。
今回、今まで全く出来なかったことが出来るようになっていて、成長を感じます。
このまま、ゆっくりでもいいから止まることなく成長してくれれば、どこまでいけるかな?

今9歳で、知能は3歳。 
大人になる頃には、小学校高学年までくらいの知能がついてくれるだろうか?

それにしても、2時間休みなしでよく頑張ったもんです。


アンって学校は勉強する所って分かってるようで、学校だとよい子ちゃん。

学校出ると、わがまま娘にガラッと豹変するし。 これ、自閉症の特徴なんかな?



午後は、今使ってる眼鏡が合ってるかどうか見てもらうために、眼科さんへ移動。

一時間早く着いてしまったのですが、早く見てくれて助かりました。

うちの子、まだ字が読めない、輪の向きを言えないので視力の測りようが無いのです。
で、検影法っていって、レチノスコープっていう光の出る機械を手に持って、その光を眼に当てて帰ってくる像の動きから度数を測定していく方法があります。

これ、上手な人に測ってもらうとドンピシャに度が合うんです。
オートレフという機械よりも正確な度がだせます。

アンの眼を、これで診てもらうために神戸まで行ってました。

左目は2年前と度数はそんなに変化してないようです。

「右目の乱視が少し強くなってるかな?」とおっしゃってましたが、度数を聞くの忘れたよ〜。


私もこの検影法出来るようになれればいいなと思ってます。

今度、スペシャリストの先生から個人レッスン受けてきます。
楽しみです。


眼科さんが早くに済んだので、帰りにフィアットのお店にもよって来ました。

リアハッチがリモコンで開く時と開かない時があり、なんか不便なんで、どんな感じなのか診てもらいました。

リアハッチの中の配線が4本切れてるそうです。
接触不良をおこして開かないときがあるそうで、見積書を頂きました。

一万9千・・・ ?

19万8千・・  ってか?  高!

リアハッチごときにそんなにかけれん。

しばらく様子見しますと言って帰ってきましたが、たぶんずっとこのままなんだろうな きっと。

シートを倒せば中から出し入れ出来るので、このままでも不自由ないかもしれないですね。


一気に神戸での用事を済ませてしまった。
ちと疲れたです。


             SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年10月21日

コープカルチャーさんで講演会してきました

 本日、コープカルチャーさんで講演会してきました。
1時間半ですので、話す内容を考えて、文章にした下書きを作ってたのですが、少人数でしたので、予定変更して、疑問がわいたら即質問ありの形にしてお話ししてみました。

少人数だと質問もしやすいようで、講義 → 質問 → 講義 → 質問 と和気藹々と薦めることができました。

本日の話をする内容を細かく書いてたのですが、補助的な使い方になり、その場での思いつきの話が大半になってしまいました。

それでも、今日来られた方には、何かしら参考になることがあったのではないかと思います。
私がつねずね思っている事を、「こういう時はこうしたほうがよいですよ」とお話しさせて頂きました。


講習会って、聞きに行くのはよく行くのですが、話しに行くのは初めてのことですので、少し緊張してましたが、和気藹々とお話しできて楽しかったです。

本日来てくれた方々に感謝です。
この機会を作ってくれましたコープカルチャーさん、ありがとうございました。

貴重な体験をさせていただきました。


            SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi



posted by SS級認定眼鏡士 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年10月19日

しっかりとした眼鏡をお求めでしたら、全力でお力になります。

 先ほど「おたくはいくらでメガネできますか?」とお電話頂きました。

できるだけ安い眼鏡が欲しいとの事で、「しっかりとした眼鏡が作りたいとお考えでしたらお力になれますが、少しでも安い眼鏡をお探しでしたら、お力になれないと思います。1万や2万で売ってる眼鏡屋さんいっぱいあるので。」とお答えしたら、まずかったみたいです。

気分害されたような気がします。

スミマセン。


悪気はないのですが、私、話し下手なので、オブラートに包んで話すことができないのです。
この場を借りてお詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

誰にあやまっとんねん!って話ですけど、これ見てもらえたら、少しは許してくれるかな。って思うのですが、先ほどの電話の方に出会うことはもうないんでしょうね。


もう少し、慎重に話すようにしないといけないですね。

以後、注意します。


それにしても、今朝のお客様の眼鏡はひどかった。

「この眼鏡作ってもらったんだけど、しんどいからこのフレーム使ってレンズを入れ替えて欲しい。」
との事で、検眼した後に、作られた眼鏡の度数を測ってみると、お客様の度数より結構強い度が入ってます。

「これはしんどいでしょう。」って話してると、これでも作り替えてもらった眼鏡だそうです。

最初はもっと強くて、しんどいからってすぐに交換してもらったそうで、それでもまだしんどいので使わずに10年前の昔の眼鏡をかけてたのだそうです。


これはひどいですね。
検眼が全くなってないです。

人の眼は生き物なので、日によって度数が変わることはありますが、作り替えてもまだまだ過矯正なんて。
本人の度数にたいして強すぎるという意味です。

過矯正の眼鏡を使用すると、見にくい・疲れる・眼精疲労・頭痛・肩こり・短気・集中できない、などなど、様々な症状を起こします。

『これって、大人の方なら、しんどいから使わない。』っていう選択ができるのですが、中学生とか高校生とかでしたらそのまま使用されます。 というか、眼に力があるので使えてしまえます。

そして、集中力が散漫になります。
近視が進みます。


こんな眼鏡作る眼鏡屋さんって、どことは言わないですが、勘弁して欲しいなあ〜。

言いたくはないですが、この眼鏡のことでさらに言うと、フィッティングしてありませんでした。
眼鏡をお顔に合わせて調整するという意味です。

並んでる眼鏡を調整なしに、そのままレンズを入れてお渡ししてるようで。 こんなん見たらすぐに分かります。 こんなん眼鏡じゃないよ。

もう少し勉強してから営業してほしいです。
商売の勉強じゃなくて、快適な眼鏡を作るお勉強をです。


購入される方もお店というか、眼鏡を作る人を選ぶ必要があるのではないかと思います。


               SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年10月10日

コープカルチャーさんで講演します。

 昨年よりコープカルチャーさんから、眼鏡についてのお話しをしていただけないでしょうか? と依頼を受けてました。

9月以降であればいつでも良いですよ。と申してましたので、今月講演会をいたします。

20161010講演会.jpg

・遠近両用眼鏡は万能なレンズではないですよ。というお話し。

・最近、眩しさを感じる人が増えていますが、眩しさを感じる原因と眩しさを感じやすい人はどんな人? 対策の仕方は?

・紫外線を浴びることにより引き起こされる眼の病気と対策方法

についてお話しします。
ご興味のある方は、コープカルチャーさんへお申し込みください。 

日時    10月21日(金) 10:30〜12:00
場所    コープ豊岡  3F コープカルチャー
受講料   \1,296
申し込み  コープカルチャー豊岡 (0796)23−8080



           SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi


posted by SS級認定眼鏡士 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年05月31日

これあかんやん。別のにして〜な

 「こんにちは〜。 このフレームあかんで、別のに変えて〜な。」

えっ?

なになに?

   なにごと? 


見てみると、
先月ご購入頂いた眼鏡の、ブロー(眉の部分)のカドの塗装がはげかかってます。
お怒りはごもっともです。

こんなん、あせりますよ。 ほんと〜に。

20160531ブローはげ.jpg

メーカーに送るため、レンズはずしてますが、黒い部分の上の方がはげてます。 この下側にレンズが付きます。


同じ商品だとまたはげてくるだろうから、別の商品と交換してほしいとのこと。

このような言葉を頂きたくないからこそ、厳選して仕入れしてるのですが、必然とそこそこの価格になってしまうのですが、だからこそ、このような不良品が出た時のお客様のお気持ちは厳しいんですよね。


この眼鏡作ってるメーカって、フォーナインズと人気を2分する、日本の技術の粋を集めて作ってるボストンクラブというメーカーの、ジャポニズムという眼鏡なんです。 高品質であり高級品です。

ところが、お客様はそんなことご存じない。
聞いたことのない名前だから、ダメな商品と思われてしまってるようで。(悲しい)

新品交換するようメーカーと話すると言うことで折り合って頂きました。



かけやすくて、丈夫な眼鏡を作るところですので、たまたまロットの加減でカラーの乗りにくいところがあったのではないかと思うのですけどね。

で、電話してみると、そのような事例は発生していないから商品を見てみたいとのこと。
カラーによって、塗料のはげやすさってあるのか聞いてみると、工場に確認とって返事しますとの事でした。

このようなことは滅多に無いのですが、もしもの時の対応はきちんとしてくれるので、ありがたいです。

お客様には、ご迷惑おかけしますが少々お待ち頂いてます。
 
posted by SS級認定眼鏡士 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2016年05月19日

大阪へ眼鏡の展示会に行ってきました

 昨日、大阪で行われた眼鏡の展示会に行ってきました。

カメラにSDカードが入ってなかったため、写真は撮れてないのですが、東京のIOFTに次ぐ規模の展示会です。 今、東京のIOFTは分裂してしまって、年々規模が小さくなってるので、東京での展示会と大差ないのではないかと思っています。

今回は、サングラスの似合う眼鏡フレームを見て来たくて行ってきました。
弱度の方のサングラスは、どのようなフレームにでもセットできるのですが、強度の方の場合、レンズの厚みが気になり、カーブつきのフレームも選びにくく、なかなか難しいのが現状です。

強度の方や凸レンズでの処方の必要な方へ、格好良くご利用頂けるサングラスの似合う眼鏡フレームを探してきました。

これからの季節、眩しさから解放され、見やすくなるレンズのTALEXが必要な頃です。
車の運転に、アウトドアに大活躍してくれます。

濃い色でも、薄い色でも似合うフレームを見つけましたので、少しずつ入荷してくると思います。
楽しく快適なTALEX生活を楽しんでみませんか。

                  SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2015年12月06日

創業70周年記念セール実施中

「あかんわ〜。痴呆がはじまった〜。 サングラスちょうだい〜。」

『どしたの?』

「サングラスがケースごとあれへんようなった。 痴呆やわ〜。」

『無意識のうちに置くと思い出せないので、痴呆でも何でもないいんちゃう? そのうち出てくるんじゃないの?』

「もう一ヶ月なるのにでてこーへんねんで〜」

『じゃあ、こないだお急ぎだったのでサービスでレンズ入れたげたので作る?』

「あれは、コレが無くなったときのためにおいときたい。 フレーム半額でしょ。 もう一個作るわあ〜」


ってことで、お求めいただきました。
TALEXのサングラスは無くなると、どうしても欲しくなります。

    見やすいですから。
       目がラクになりますから。


今、アイズでは、創業70周年記念セール実施中!
     
先代が、終戦後に時計の修理の店を出してたのが始まりで、場所も2度移転し、商品構成も変化しながら、現在に至ります。

よく70年も続いたものだな〜と思い、感謝の気持ちで、在庫の眼鏡フレームと腕時計を半額にてご奉仕しています。


20151206サングラス.jpg

20151206megane.jpg


クリスマスまでしますので、
   この機会におひとついかがでしょう?
       新年を新しい眼鏡で迎えてみませんか?

フレームだけのご購入もOKですよ。


               SS級認定眼鏡士  T.Yamaguchi.





posted by SS級認定眼鏡士 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2015年10月15日

視機能の講習会に行ってきました

 昨日、神戸で講習会があり、視機能の調べ方の話を聞きたくて行ってきました。
講習会の申し込みの用紙に会場が書いてなく、電話で確認しようとしたところ、FAX番号しかのってなく、いつも兵庫県医師会館でしてるので、そこだろうと確認取らずに行ったのが失敗でした。

元町で降りて医師会館に行ってるつもりが、あれ? ない??
たしかこのあたりだったんだけど・・・。 近くの人に尋ねてみると、「この上の方です。すぐわかるよ。」と教えてもらい、見覚えないけどこの景色って思いつつ歩いてると、歯科医師会館があった。

私の行きたいのは、兵庫県医師会館。

先ほどの場所に戻り、見覚えのある建物の中に入り聞いてみると、この場所から三宮に移転されたとのことで、地図をもらい三宮まで行くことに。

もしかして、別の会場でしてるのでは? との不安をかかえつつ、医師会館につくと、やはり、そこではなかったようで・・・・。ガーン!

仕方ないので、あきらめて帰ろうとしたところ、会館の事務の方が親切にも、「ネットで電話番号調べましょうか?」と言ってくださり、日本眼鏡士協会の電話番号を調べてくれた。

おかげで、会場がわかりました。
ほんとうにありがとうございました。

1時間遅れで到着出来ましたが、私の聞きたい講習、半分くらい済んでいたです。(涙)

それでも、とってもいいお話を聞くことが出来ました。

カバーテストで
 遠用プリズムと近用プリズムを調べて、
輻輳力を調べることで、眼科さんでも見つけにくい、隠れた不具合を見つけ出すことが出来ると教わりました。


『遠くは見えるけど、近くを見るのがとてもしんどい。』

これって、一般的には老眼じゃないの? と思われますが、実は、目の働き(動き)に不具合があり、そこを眼鏡で補正してあげることで、快適に過ごせるようになる。

とってもタメになる良いお話を聞いてきました。

このような方って、ハッキリとした自覚症状を感じてられないので、本人さんは、『なにかおかしい。』と感じてられる程度だと思います。

ちょっとした検査の追加で、見つけ出してあげられれば、その方のその後の生活の質が変わりますので、今後の検査に取り入れるようにしていこうと思います。


               SS級認定眼鏡士  T.Yamguchi.


 



posted by SS級認定眼鏡士 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡

2015年06月27日

遠近両用眼鏡の勘違い

 アイズでは、遠近両用眼鏡をよくお作りするのですが、このレンズについて勘違いされてる方が多いので、少しお話しさせてください。

遠近両用眼鏡は、
『遠くを見るための眼鏡ですが、手元の文字も少し見えますよ。』
『横目で見るとぼやけるところがあるんです。』
『それでも、外出時に一つの眼鏡で読み書きも出来るので便利ですよ。』

というレンズなんです。

ところが、
『遠くも近くもクッキリと見えるレンズ』

と、思ってられる方が非常に多いのです。
遠近両用眼鏡という名称がそう連想させてしまうんですね。


実際は、
『遠くを見る眼鏡に、手元を見るところがオマケ的についてる眼鏡。』と思って頂いた方が良いでしょう。
手元を見る部分は非常に狭いので、長時間の読書やデスクワークには向きません。
遠近両用眼鏡でパソコンなんて論外です。疲れるだけです。

読書用やデスクワーク用の眼鏡&パソコン用眼鏡は別途必要となります。
遠近両用眼鏡はあくまで常用するための眼鏡です。


それでも遠近両用をオススメするのはなぜ?

年齢を重ねるにつれて、だんだんと手元のモノが見にくくなってきます。
最初は、雑誌が読みにくくなり、新聞も読みにくくなる程度ですが、そのうち、

手に取った茶碗のご飯がぼやけてよく見えない。 とか、
魚のホネが見にくくて取りにくい。とか
外出時に住所・氏名書くときにカンで書いてる。 などなど。

不便さが出てくるようになります。


そんな時に遠近両用眼鏡を常用すると、今まで見えなかった手元のモノが見えるようになり、生活の質が向上します。
とっても便利に生活できるようになります。


その頃には、読書用眼鏡はすでに利用されているはずです。
読書用眼鏡をお持ちでない方は、見え方の違いをご体験頂き、後日にでも考えて頂きますようお話させて頂きます。


最近の遠近両用レンズの進化は素晴らしく、レンズ設計により見え方(見え方の質)がいちじるしく変化しますので、レンズを選ぶのはとても難しい作業なんです。

少しでも見やすい(使いやすい)眼鏡をお望みでしたら、EYES(アイズ)にご相談ください。
きっと、あなたのお役に立てると思います。


                SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi.



posted by SS級認定眼鏡士 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼鏡