2011年12月10日

コンタクトと眼鏡を上手に併用してね

 とっても久しぶりに書きます。
最近、手が遅くなったのか、する事が沢山ありすぎて、困ったもんですね。たぶん手が遅くなってるんだと思います。

前々から気軽にスナップ写真とれる写りの良いカメラが欲しかったのですが、ついに買ってしまいました。

   コレ
    ↓
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/finepix_x100/


このカメラ、所有する喜びもありそうで、ずっと欲しかったんです。

昨日来ましたので、夜に封開けて、眺めて、買って正解だったなって、ニヤニヤしてました。
それで嬉しくなって試しに撮ってみました。

20111210dori.jpg


アイズの看板娘のドリムちゃんです。
いつもお客様にかわいがって頂いて幸せ者です。
そろそろ洗ってやらないと、毛並みが悪いですね。


今朝は、眼鏡作りに来られた時に、店に飾ってる自転車見て、「これ、私も持ってます」っていわれてて、本日出来上がった眼鏡を受け取りにブルーノに乗ってきてくれました。

カッコイイ!  レーサーみたいです。

ブルーノが2台! とっても珍しい光景です。


20111210bruno.jpg


フラッシュ付いてないのですが、X100で撮るのが楽しみになりました。


このレーサーのようなブルーノ 限定販売でブラックだけだったんですって。
これで坂道を60〜70kmくらい出してるのに気がついて、危ないからスピード落とされた事があるそうです。
小径自転車ですけど、よく走るのですが、大きな自転車に比べて安定感良くないので、下手すると吹っ飛びますからスピードはホドホドにのようですね。


さてさて、このお方、コンタクトレンズを10年間されてるようなんです。
それも一日中。

朝から寝る前まで。


「それは、とっても目に良くないことをしておられます。
角膜(黒目)は酸素に触れることで栄養素を取っています。
コンタクトされると、酸素を取る量が激減します。
それを一日中! 朝から寝る前までするなんて・・・。

今すぐにでも眼鏡を作って、仕事中はコンタクト、家に帰ると眼鏡にして角膜に酸素を補給してあげてください。

まだまだ長く付き合っていきたい大切な目ですから、早く眼鏡を作って上手にコンタクトレンズと併用してもらったほうがいいですよ!」



みたいな、ちょっと説教じみたことを言ってしまったです。
ちょっと、言い過ぎたかも? しまったかな?って思ったのです。


ところが、この方、全く怒る気配もなく、「じゃあ作ります。」って言ってくれました。
嬉しいですね。

眼鏡とコンタクトレンズ 上手に併用すれば、長い間コンタクトを楽しめますからね。


おしゃれな自転車に負けないカッコイイ好青年のお客様でした。



               SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi

posted by SS級認定眼鏡士 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンタクトレンズと眼鏡

2010年11月10日

コンタクトレンズ、一日中使用しないで!

 先日、「コンタクトレンズの上から良く見える眼鏡って出来ますか?」と御来店頂きました。

出来るのは出来ますが何故なんでしょう?
コンタクトレンズを作り替えた方が見やすいですのに。


この方、眼科さんへ行くのがいやなんだそうです。


度数を測定すると、0.7見えるか見えないかくらいの所でした。
また、オートレフで測定中に、左目に陰があるのが気になりました。


お話を伺ってますと、朝起きてから夜寝るまで一日中コンタクトレンズ装用されてるそうです。

う〜ん。 これって、最悪の使い方なんですね。
角膜は、酸素から栄養補給するようになってるんです。ところが、コンタクトレンズっすると、酸素の供給量が激減します。 寝る前にコンタクト外されても、寝てる時ってまぶた閉じてますよね。角膜は空気に触れられないから、酸欠で苦しんでます。 是非、お願いしたい! 帰宅すると眼鏡に変えて、休日は出来るだけ眼鏡で生活してもらえるよう、改めて欲しいんですね。

なが〜くつきあう大切な目なんですか、らもう少し目をいたわってあげて欲しいんです。

そのこともお話したのですが、あんまり聞いてもらえなかった様子。


こういう生活してる人って、意外と沢山いらっしゃいます。
みなさん、ご存じないんです。

角膜痛めると、とっても怖いのに。
今は良くても、50才、60才になってから、困ることになることもあるんですよ。
気をつけてくださいね。


コンタクトレンズと眼鏡について詳しくはこちらをご覧下さい。
      ↓
http://www.eyesglass.jp/eyes/learn/eye&cl.htm




この方、免許証の更新用に希望されてましたので、眼鏡で調整しても更新できるかどうかギリギリのラインです。

結局、眼科さんへ行って頂くことになり、紹介状を書かせて頂きました。

ついでに、先生からも、上手なコンタクトレンズとのつきあい方を説明して頂きますよう、お願いしておきました。


これで、一日中コンタクトの生活を改めてくれると良いのですが。



               SS級認定眼鏡士 Y.Yamaguchi.
posted by SS級認定眼鏡士 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンタクトレンズと眼鏡